東郷神社 / 東京都渋谷区

18e5908b

東郷神社(とうごうじんじゃ)

御祭神:東郷平八郎命
社格等:府社・別表神社
例大祭:5月28日
所在地:東京都渋谷区神宮前1-5-3
最寄駅:原宿駅・明治神宮前駅
公式サイト:http://www.togojinja.jp/

御由緒

東郷平八郎命は弘化四年(1847)薩摩藩士東郷吉右衛門の四子として鹿児島市鍛冶屋町で生まれ昭和九年(1934)五月三十日八十八歳で東京麹町三番町で薨去されました。
明治四年(1871)二十四歳のとき英国留学七年間海軍士官としての修業をつまれました。以来軍務に精励し同三十七、八年(1904、5)の日露戦役に連合艦隊司令長官として艦隊を指揮し特に同三十八年五月二十七、八日の日本海海戦で露国のバルチック艦隊を迎えて旗艦三笠にZ旗を掲げてこれを打ち破り世界海戦史上名高い完全勝利をなし遂げ国難を救ったことは有名であります。
大正三年(1914)東宮御学問所総裁として時の皇太子天皇教育の重要な責任を果たされ明治、大正、昭和と三期に至誠一貫臣節を全うされました。その功績に対し元帥海軍大将従一位大勲位功一級侯爵の栄誉が贈られ高い人格と陰影なきまごころの人として日本だけでなく世界の人々からも「アドミラル大東郷」として尊敬されるようになりました。
昭和九年九月財団法人東郷元帥記念会が設立され全国民崇敬者の協賛により同十五年五月(1940)創建鎮座祭を執行し府社となり別格官幣社列格寸前の同二十年(1945)五月戦災により一切炎上しました。戦後は仮殿に奉斎、同三十九年(1964)の祭神三十年祭を目標として同三十三年五月復興奉賛会の設立となり全国崇敬者の絶大なる協賛を得て御社殿復興同三十九年五月二十七日御遷座祭を執行し二十八日竣工、奉祝祭並に三十年祭が盛大に斎行されました。同五十九年(1984)は祭神の五十年祭並に復興二十年記念祭に相当するので数年を費して神符授与所、透塀、西参道燈籠四基、北参道鳥居再建、池の改修、井戸新さく、旧東郷邸より移築の土蔵の再建等境内整備を進め、同五十九年五月に五十年式年例大祭、次いで命日祭・五十年墓前祭(於多磨霊園)が厳修されました。
平成二年(1990)には御鎮座五十年記念に当り崇敬者各位の據金によって御鎮座五十年記念事業として御社殿改修・神池の整備・社務所・和楽殿の回収・新築・記念出版等を完遂しました。

(※境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/03/30

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※御祭神にちなんだ「勝」の印判が特徴的。

御朱印帳

初穂料:1,500円・1,700円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を2種類用意。
紺を基調とし歌と神紋が入った御朱印帳。(初穂料1,500円)
サンリオのキティコラボの御朱印帳。(初穂料1,700円)
image

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

スポンサーリンク


歴史考察

東郷平八郎を祀る神社

渋谷区神宮前にある神社。
旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。
東郷平八郎元帥を御祭神としている。
生前の御徳から勝利の神とされている。

日本海軍の指揮官

御祭神となっている東郷平八郎は、言わずと知れた近代日本史における重要人物。

明治時代、日本海軍の指揮官として日清・日露戦争の勝利に大きく貢献。
当時の日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた功労者と言ってもよいだろう。

日露戦争においては、Z旗を掲げ連合艦隊を率い、世界最大最強レベルの戦力とされていたロシア帝国海軍バルチック艦隊に完全勝利。
「アドミラル東郷」として世界中にその名を広く知られることとなった。
日本国民の尊敬を集め、晩年において海軍における東郷の権威は絶大だったという。
既にこの時点で海軍からは神格化されており、彼の意見に反対できる者はいなかったとされる。

全国からの要望で創建

東郷平八郎が昭和九年(1934)に逝去。
すると全国から海軍省に東郷を神格化した神社の創建の献金が届くように。
寄せられた献金によって神社の創建が計画された。

実は東郷を祀った神社の創建は生前より計画されていた。
それに対し東郷自身は「やめてほしい」と強く懇願したという逸話が残っている。
しかしながら全国からの要望や献金により、こうして神社が創建される事に。

推測になるが、これには国民からの要望の他、海軍と陸軍の対抗意識もあったように思う。
陸軍の軍人であった乃木希典をお祀りした「乃木神社」が創建されていたため、海軍の軍人であった東郷平八郎をお祀りした「東郷神社」の創建も推進されたと考えてるのは自然な流れだろう。
生前より「陸の乃木 海の東郷」(「陸の大山 海の東郷」とも)と称され讃えられた陸・海軍の英雄をお祀りする神社が創建されるのは、当時の時勢を見るに必然だったのではないだろうか。

創建と戦後の再建

昭和十二年(1937)に地鎮祭が行われる。
昭和十五年(1940)の海軍記念日(日本海海戦で完勝した日)である5月27日に御鎮座祭が行われ創建。
旧社格では府社に列格した。

昭和二十年(1945)には別格官幣社への昇格が検討され、ほぼ決定寸前までいったそうだ。
しかしながら、東京大空襲によって社殿が焼失。
これが原因で昇格は断念され終戦を迎え、旧社格制度は廃止となっている。

戦後しばらくは再建とならなかったが、昭和三十三年(1958)に奉賛会が結成。
昭和三十九年(1964)に社殿が完成し再建を果たした。
昭和天皇からも復興のための金一封が下賜されている。

平成元年(1989)、新左翼の革労協解放派によって爆弾テロ(東郷神社爆破事件)が発生。
茶室の一部が焼けるに止まったが、窓ガラスが割れ、本殿の扉を吹き飛ばした。
死傷者が出なかったのが幸い。

平成二年(1990)には御鎮座五十年記念事業として社殿の改修、神池などの整備が行われた。

現在は立地や境内整備の面などから当社での結婚式が人気となっている。
なお、当社に隣接して東郷記念館があるのだが、この東郷記念館は株式会社東日が経営しており当社運営という訳ではなく、境内より若干距離のある北側に位置しているルアール東郷が当社直営となっている。

御祭神に関連する施設が多い境内

入口となる鳥居は西側と東側の2箇所。
明治通り沿いが表参道となっている。

原宿駅前にありながら立派な境内。

旧社殿は上述の通り空襲で焼失しており、現在の社殿は昭和三十九年(1964)に再建されたもの。

70feca50

鉄筋コンクリート造で近代的な設計になっている。
平成二年(1990)に御鎮座五十年記念事業にて改修された。

境内社に「海の宮」という霊社が鎮座。
昭和四十七年(1972)に創建。

海軍・海事・水産関係者また祟敬者の諸霊を合祀奉斎している。

この他に、十四歳の少年から志願者を採用した海軍特別少年兵の殉国碑である「海軍特年兵の碑」。
潜水艦の戦時における殉国者の碑である「潜水艦殉国碑」といった碑がある。


御祭神の東郷平八郎にちなんだ日本海軍や戦争関連のものが多い。
表参道に沿うように整備された綺麗な神池があり、そちらも入る事が可能。

この日は桜が咲き始めていて綺麗だった。
結婚式の際はこちらで写真撮影する事が多い。

御朱印は社務所にて。
オリジナル御朱印帳も用意しており、サンリオのキティとのコラボ御朱印帳も用意している。
なお、境内に隣接して東郷幼稚園があり、こちらは当社運営の施設となる。

勝利祈願のZ旗

元々、Z旗というのは船同士の意思疎通のために用いる国際信号旗の1つ。
国際的には、Z旗はアルファベットの「Z」の文字を示す信号として用いられる他、単独で「私は引き船が欲しい」、漁場では「私は投網中である」の意を示す信号としての意味でしか用いられない。
しかし、日本でのみ特別な意味を持つ。

その由来となったのが、東郷平八郎の名を世界に知らしめた日露戦争時の日本海海戦。
東郷平八郎連合艦隊司令長官が座乗する旗艦三笠のマストに「皇国ノ興廃此ノ一戦ニ在リ、各員一層奮励努力セヨ」とう意味を持たせてZ旗を掲揚。
これにより完全勝利を果たしたため、日本海軍ではZ旗は特別な意味を持つこととなり、大規模な海戦の際には旗艦のマストにZ旗を掲揚することが慣例化した。

これが現在では一般信仰にも結びつき、現在では選挙、受験など負けられない勝負に挑む時「勝利」祈願の意味合いでZ旗を用いるようになった。

当社にとっても重要な旗であり奉納旗や社殿横にはZ旗が記載されている。

この他に授与品にはZ旗が刺繍された「勝守」も用意している。

所感

原宿駅からほど近い位置に鎮座する当社。
竹下通りにほぼ隣接するような位置にあるのだが、静かで整備された境内となっている。
この場所にこの境内を維持できるのは、東郷平八郎を崇敬する人々の努力の賜物だろう。
現在は結婚式の会場としても人気で、神池など綺麗に整備されているのが特徴。
キティ御朱印帳といったコラボ品も、そういった若い女性層を開拓する意味でも面白いと思う。
御祭神にちなんだ施設が多く、御祭神やZ旗からも「必勝祈願」として参拝される方も多い。
なお、夜間は閉門され参拝できないので注意したい。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
[ 鳥居 ]
[ 灯籠 ]
[ 表参道 ]
[ 手水舎・神門 ]
[ 手水舎 ]
[ 神門 ]
[ 拝殿 ]
9ce08ef7
18e5908b
70feca50
[ 本殿 ]
[ 狛犬 ]
[ 海の宮 ]
[ 社務所 ]
[ 砲弾・碑 ]
[ 神池 ]
[ 東郷記念館 ]
[ 海軍特年兵之碑 ]
[ 潜水艦殉国碑 ]
[ 東郷倉 ]
[ 西側鳥居 ]
[ 案内板 ]
[ 境内案内図 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google