千葉神社・千葉天神 / 千葉県千葉市

e0571c3c

千葉神社(ちばじんじゃ)

千葉天神(ちばてんじん)
御祭神:天之御中主大神(北辰妙見尊星王)
相殿神:経津主命・日本武尊命
社格等:県社
例大祭:8月16日-22日(妙見大祭/だらだら祭)
所在地:千葉県千葉市中央区院内1-16-1
最寄駅:千葉駅・東千葉駅・栄町駅・葭川公園駅
公式サイト:http://www.chibajinja.com/

御由緒

 この千葉の地を治めた千葉氏の祖・平良文は、戦のたびごとに妙見尊に祈願して御加護をいただき、 常に大勝利を収めておりましたので、以後、千葉家では代々一門の守護神として熱烈な信仰を捧げてまいりました。
このような関係から、現在地には千葉家三代忠常により先に御分霊が祀られ(年代不詳)、 その後、忠常の次男、覚算大僧正により立派に伽藍整備がなされ、第66代・一条天皇の眼病平癒の勅願所としての功ともあいまって、 長保2年(西暦1000年)旧暦9月13日、『北斗山金剛授寺』なる寺号を賜り中興開山されました。
さらに、千葉家七代常重により大治元年(1126)には、この信仰の頂点に立つ御本霊を千葉城よりお遷し申し上げることにより合祀され、 以後、厄除開運・八方除・身上安全の守護神である妙見様の本宮として、全国の善男善女の深い尊崇を集めてまいりました。 源頼朝も当社に参詣し、自筆の願文、太刀、武具などを奉納して、ついに武運を開くに至りました。
また、日蓮上人が宗門弘通の誓願をたてて当社に参籠した時に、有難い奇瑞をいただきましたので 「この妙見尊こそ わが宗門の守護神である」と讃嘆され、誓願成就の後に、細字法華経を自筆して奉納されました。 徳川家康も当社に深く崇敬の誠を捧げ、大久保岩見守に命じて祭祀の料田として永代二百石を寄進され、 十万石の大名と同等の格式を賜り、その後も代々の将軍家より神領、特権を許されてまいりました。 さらに、明治2年(1869)の新政府発令による「神仏分離令」により、 平安時代後期の御本霊合祀の翌年である大治二年(1127)より連綿と続く神輿渡御(一言妙見大祭)を残すべく『千葉神社』と改称し今日に至り、
その御霊徳はいよいよ高く輝き、千葉の妙見様として四方八方にあまねく知られてまいりました。

(※千葉神社 御由緒より)

参拝情報

参拝日:2016/02/02
参拝日:2015/06/18

御朱印

初穂料:各300円
授与所にて。

※「千葉神社」のものと境内摂社の「千葉天神」のものを拝受できる。
※1月1日-2月3日の間は別紙にて「妙見(千葉神社)」「月呼星拾(千葉天神)」の御朱印になり、印判によるもの。(その期間は通常の御朱印をやらなくなり、御朱印帳へ直接拝受できないので注意。)

※2015/06/18拝受
千葉神社
(千葉神社)
千葉天神
(千葉天神)

※2016/02/02拝受
千葉神社1
(初詣限定/千葉神社)
千葉天神1
(初詣限定/千葉天神)

御朱印帳

初穂料:1,500円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
妙見信仰らしい北極星の描かれたもの。
裏には当社の神紋である九曜紋(十曜紋)と月星紋。
詳しくは公式サイトにて。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

二輪用交通安全御守(ステッカー付き)
初穂料:800円
授与所にて。


歴史考察

妙見信仰の代表格

千葉県千葉市中央区に鎮座する神社。
旧社格は県社で、妙見本宮を称している妙見信仰を代表する神社の一つ。
千葉氏の守護神である妙見菩薩を御本尊とする寺院として建立された歴史を持っており、明治維新後の神仏分離により神社となったが、江戸時代には真言宗の寺院だったという妙見信仰系神社。

寺院として創建

創建年代等は不詳とされている。
千葉氏の祖である平良文(平将門の叔父)が、妙見(北辰)を篤く崇拝していた事から、子孫である千葉氏も妙見を崇拝、現在地に千葉家三代・平忠常により勧請されたと伝えられている。

その忠常の次男、覚算大僧正により伽藍整備。
長保二年(1000)、「北斗山金剛授寺」と寺号にて中興開山したという。
ご覧の通り、元は寺院としての創建であった。

房総平氏・千葉氏の祖

平忠常とは長元元年(1028)に「平忠常の乱」を起こした人物。
平忠常は房総平氏(千葉氏)の祖とされ、彼の両親は平忠頼(平良文の三男)と春姫(平将門の次女)であった。

父系の系譜である平良文は上述の通り妙見信仰に大変篤い人物と知られており「秩父神社」などに妙見宮を造っている。

また同じ桓武平氏の流れを汲む平将門も妙見信仰に篤かったと言われており、九曜紋などの紋を使っていた。
伽藍整備をした覚算大僧正は平忠常の次男とされている。
この事から、千葉氏が妙見様を守護神としていたのは自然の流れなのだろう。

平将門との繋がり

平将門との繋がりを見ていくと、千葉氏の祖である平良文は将門の叔父である。
「将門記」には良文に関する記述は無く承平天慶の乱の際の詳しい動向は不明なのだが、将門側にあったのではないかと推察されている。
当社に残る「染谷川の碑文」によると、平国香らが染谷川で将門を襲撃した際、叔父の良文が将門を援護し両者は逆襲したとされている。
さらに良文と将門が妙見菩薩の加護を受けたという縁起が残っている。
このように千葉氏の祖と妙見との密接な関わりが見えてくる。

古くは八幡神も合祀

養和元年(1181)には、千葉常胤によって「鶴岡八幡宮」から八幡神を勧請。
千葉常胤は源頼朝の家臣であったので、頼朝が崇敬する八幡神を勧請したのだろう。
源頼朝からも手厚く庇護されたようだ。

当初は八幡神を武神としており、妙見菩薩は鎮守・産土神・農耕神的な役割を担っていたようだ。
しかしながら、13世紀中期に千葉氏の地位が揺らぐと、一族の団結を維持するために八幡神に代えて、妙見菩薩に武神の要素を加えて、千葉氏が妙見菩薩から庇護された存在であることを強調する「妙見説話」が形成されるようになる。
その集大成が「源平闘諍録」であり、縁起絵巻にも反映されている。

千葉氏と妙見信仰は更に密接に

このような事もあり、千葉氏と妙見信仰はより一層密接な関係を持つようになる。
千葉宗家のみならず千葉氏一族の信仰が篤く、千葉氏宗家の元服は代々この寺で行われていた。
現在も当社の神紋である「九曜紋(十曜紋)」「月星紋」は妙見信仰の現れとも言える。
本来「九曜紋」というのは、星が9つあるものなのだが、当社の紋は「十曜紋」とも言える星が1つ多い。
これは一般的な九曜紋と区別されて1つ星が多い十曜紋であることが、妙見信仰の頂点に立つ本宮の証しと当社はしており、この事から「妙見本宮」を名乗っているのだろう。

天正十八年(1590)、家康が関東移封により江戸入国。
天正十九年(1591)に、家康が参詣して寺領安堵ならびに太刀一振を寄進したとされ、同時に朱印地200石と十万石の格式が与えている。

上述した通り、当時の当社は神社ではなく、「北斗山金剛授寺尊光院」と称する真言宗の寺院であった。
庶民からは「千葉妙見宮」と呼ばれる事が多かった。

神仏分離で千葉神社へ改称

明治になり神仏分離。
当社は寺院から神社へと改められ、明治元年(1868)に「千葉神社」と改称。
妙見菩薩の御本尊も、御祭神として天之御中主大神に改められた。
明治七年(1874)には県社に列している。

仏教色が強かった妙見信仰においては御祭神を改められる例が多く、特に長年の神仏習合によって妙見菩薩と天之御中主大神は同一視されていた経緯があるので、廃仏毀釈を免れ妙見信仰を維持するための苦肉の策として、神社となり御祭神も改めたという経緯がある。
現在も妙見信仰の篤い、日本を代表する妙見信仰の神社の一つであるので、神社となったのは成功したように思う。

当社が今もなお神仏習合時代の色が濃く残っているのはこういった事情から。

当時から壮麗な社殿であったと伝えられるが、明治三十七年(1904)に火事により社殿が焼失。
大正三年(1914)に再建されている。
その後、第二次世界大戦の戦禍を受け、昭和二十九年(1954)に再建された。

見事な重層社殿・尊星殿

社殿は上下に2つの拝殿を有する重層社殿。
大変壮麗で見事な見た目となっている。

平成二年(1990)の「平成の大造営」により造営されたもので、重層社殿は国内初。
圧巻される社殿となっており、崇敬の篤さを感じさせてくれる。

その社殿と同じく見事なのが、楼門型の分霊社である「尊星殿」と呼ばれる建築物。

開創1000年奉祝事業として平成十年(1998)に造営されたもの。

楼門と社殿が合わさった複合建築物になっており、感嘆するほどお見事。

妙見信仰がよく分かる建物になっており、当社独自の参拝方法などがこちらでできるようになっている。

中央には「福徳殿」と呼ばれ、御祭神である「北辰妙見尊星王」の御分霊を奉斎している。

八角形に配された八つの各星宮があり、それぞれに各方位・五行・十二支・人間の身体各部等の役割を表していて、それに対する御神徳がある。

東西には東に「日天楼」、西に「月天楼」という柱が立っており、触れる事で「千葉大妙見」が掌握する「日天神」「月天神」 の霊力を頂けるというもの。

さらに上の階は「開運殿」となっており、御祈祷される方のみ上がる事ができる。

ツキを呼び星を拾う千葉天神

「千葉天神」など多くの境内社が存在。

特に「千葉天神」の社殿は、「平成の大造営」において「千葉神社」の旧本殿を移築したもの。

昭和二十九年(1954)に再建された旧本殿が千葉天神の拝殿となっているので、中々の存在感。

境内社ながら千葉県内最大規模の天神さまになるようだ。

天神さま(菅原道真)の御神徳である学問の神様としてだけでなく、神紋の月星紋に由来しての「ツキ(月)を呼び、勝(星)を拾う」という縁起の良さによって、参詣者の数も多い。

他にも多くの境内社があり、境内の妙見池は整備されていて中々見事。
境内に湧く「延寿の井」(お水取りができる)の御神水を水源とする池。

平成四年(1992)に造営された朱塗りの二つの神橋「ねがい橋・かない橋」が架かっている。

また社殿より右手の鳥居側にある狛犬も見事。

昭和四年(1929)に建立された左右一対の獅子児鍛錬像だという。
動きのある狛犬で中々に素晴らしい。

御朱印は2つ・正月期間は限定も

御朱印は通常時は2つ存在。
「千葉神社」のものと境内社の「千葉天神」のもの。

他に1月1日〜2月3日の間は「妙見(千葉神社)」「月呼星拾(千葉天神)」の御朱印を別紙のみで頂ける。
なお、その期間は通常の御朱印をやらなくなり、御朱印帳に直接拝受できないので、注意が必要。

オリジナルの御朱印帳はとても美しいもの。
妙見信仰らしい北極星の描かれたもので、裏には当社の神紋である九曜紋(十曜紋)と月星紋。
詳しくは公式サイトにて公開されているのが確認してみるとよいだろう。

所感

今もなお妙見信仰の篤さを感じる事ができる当社。
特に社殿と尊星殿は重層建築になっており、他では見ることができない見事な造り。
これを見て参拝するだけでも来る価値はあるように思う。
元が寺院という事もあり、神仏習合の名残も濃く、他の神社では見る事ができない独自性を保っている。
いつ行っても参拝者の数も多く、現在もなお崇敬が篤い、千葉を代表する神社の一社だろう。
オススメの良社に思う。

神社画像

※2015/06/18参拝時の画像
[ 鳥居・社号碑 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]
e0571c3c


[ 本殿 ]

[ 分霊社(尊星殿) ]


[ 尊星殿・福徳殿]



[ 尊星殿・日天楼 ]

[ 尊星殿・月天楼 ]

[ 狛犬 ]





[ 美寿之宮・延寿の井 ]
[ 常香炉]

[ 千葉天神 ]



[ 亀岩 ]

[ 力石 ]

[ 妙見池・鳥居 ]

[ 妙見池・神橋 ]

[ 弁天 ]

[ 境内社 ]

[ 御嶽社 ]

[ 鳥居 ]

[ 芭蕉句碑 ]

[ 授与所・社務所 ]

[ 健康願掛符・月詣願掛符 案内板 ]

[ 境内概略図 ]

※2016/02/02参拝時の画像

[ 尊星殿 ]

[ 拝殿 ]

Google Maps