熊野信仰

板橋区

熊野町熊野神社 / 東京都板橋区

熊野町鎮座・旧中丸村鎮守の熊野さま。室町時代に豊島郡中丸村に創建。目の前には山手通り・川越街道・首都高が走る立地。ユニークな表情をしたもこもこ狛犬。戦後に再建された朱色の社殿。稲荷神社・厳島神社・不動尊・見守地蔵。熊野町は当社由来。御朱印。
大田区

荒藺ヶ崎熊野神社 / 東京都大田区

大森山王の高台に鎮座する熊野さま。『万葉集』で詠まれた荒藺ヶ崎(あらいがさき)。紀州から移住した一族が熊野三山を勧請。衆善稲荷と悲しい英雄・新井宿義民六人衆。善慶寺の山門の先に急勾配で鬱蒼とした緑が生い茂る参道。御朱印には5羽の八咫烏の姿。
新宿区

新宿十二社熊野神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の一社。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が創建・熊野十二所権現を勧請。十二社(じゅうにそう)と呼ばれる由来。限定御朱印。八咫烏と社殿や高層ビルの御朱印帳。浮世絵に描かれた当社・十二社池・熊野滝。角筈村鎮守。酉の市。新宿中央公園に隣接。
港区

飯倉熊野神社 / 東京都港区

旧飯倉町鎮守の熊野さま。奈良時代創建の古社・芝浦海辺に創建。太田道灌による再建・飯倉の地に遷座。『江戸名所図会』に描かれた当社。戦後の再建と社地縮小。桜田通りに面して鎮座・小さな鎮守。八咫烏の御朱印。港七福神めぐり・恵比寿。サッカー御守。
目黒区

自由が丘熊野神社 / 東京都目黒区

自由が丘鎮守。月替りのカラフル御朱印。衾村谷畑と云う農村だった自由が丘。熊野信仰の広まりと村民による創建。自由が丘の地名由来。自由が丘の祖とされた栗山久次郎。戦後に再建された朱色の拝殿・明治の石造り本殿。立派な稲荷神社。御朱印帳は頒布終了。
横浜市

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市

横浜北部総鎮守の熊野神社。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。サッカー神社として授与品や奉納品。八咫烏。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。
松戸市

金ヶ作熊野神社 / 千葉県松戸市

金ヶ作(常盤平)鎮守。熊の一文字が特徴的な御朱印。困難を極めた金ヶ作の開墾・鎮守として創建。平成造営の社殿・明治造営の旧社殿が並ぶ。大正時代の狛犬・古い庚申塔・幕末の水盤。御神木のくすのき。金ヶ作自治会館も併設。金ヶ作陣屋。御朱印帳。
千葉市

検見川神社 / 千葉県千葉市

神祇三社と称される検見川総鎮守。ちまき守り・八方除総鎮護。平安時代に祇園信仰の八坂神社として創建。嵯峨と呼ばれた地から遷座。江戸時代に稲荷神と熊野権現を勧請。三柱が祀られ三社が並ぶ。縁結びの社。うたせ茶屋。ほおづき市。御朱印。御朱印帳。
横浜市

神奈川熊野神社 / 神奈川県横浜市

神奈川郷総鎮守の熊野三社大権現。東神奈川に鎮座。苦難を乗り越えた大狛犬。平安時代に権現山に創建。権現山合戦での焼失。権現山から金蔵院のある現在地へ遷座。神奈川宿の発展・金川砂子に描かれた当社。郷社に列する。GHQに接収された戦後。御朱印。
世田谷区

等々力玉川神社 / 東京都世田谷区

等々力鎮守。おくまんさま。世田谷城主・吉良氏が創建した熊野社が起源。明治になり玉川村の成立・玉川神社への改称。せたがや百景に選定された緑豊かな鎮守の杜。戦前の社殿が戦火を免れ現存。風情溢れる石獅子。名木百選の通称とっくりクス。御朱印。
北区

王子神社(王子権現) / 東京都北区

東京十社・東京の北方守護を担う。熊野信仰の神社として創建。豊島氏が王子大神を勧請・王子の地名由来。徳川将軍家からの庇護・徳川吉宗からの崇敬・飛鳥山の寄進と桜の名所。浮世絵に描かれた飛鳥山。古写真で見る当社。例大祭の槍祭。御朱印。御朱印帳。
立川市

立川熊野神社 / 東京都立川市

柴崎新田(立川)鎮守。小川もある整備された境内・戦後に再建された社殿。古地図で見るかつての鎮座地。立川飛行場の設置・立川空襲の被害。終戦後、米軍の立川基地によって境内地を接収・遷座。戦後の再建と境内整備。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました