松戸神社 / 千葉県松戸市

【神社情報】

松戸神社(まつどじんじゃ)

御祭神:日本武尊

旧社格:村社
例大祭:10月18日(当日が日曜日の年は神幸祭)・6月30日(境内社「秋葉神社」例祭)


所在地:千葉県松戸市松戸1457
最寄駅:松戸駅

【御由緒】

 当神社のご社殿は寛永三年(1626)の創建とされ、かつて御嶽社と称しました。
 郷土の伝承では、水戸中納言光圀公が鷹狩の際、当社の大銀杏に止まった白鳥へ鷹を放とうとしましたが、鷹は微動だにしません。憤慨した光圀公は、弓で射ようとしますが、弓手は動かなくなり弓も中心から折れてしまった。愕然とした光圀公は、折れた弓矢を奉納し、御神前に鎮謝して帰ったと伝えられています。
 以後、水戸徳川家より篤く崇敬され、数多の奉納品(ご神宝)が納められますが、元文元年(1738)の火災により悉く焼失しました。
 明治十五年(1882)に『松戸神社』へ改称する際には、有栖川宮幟仁親王殿下より社号の書を賜りました。平成十八年(2006)に、三笠宮崇仁親王殿下が御参拝されました。
 時代が変わった今も、松戸市の総鎮守として人々の暮らしを護られております。

(※頒布のリーフレットより)
【参拝情報】

参拝日:2015/08/16




【御朱印】

初穂料:300円

社務所にて。

松戸神社
【御朱印帳】

初穂料:1,500円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
緑を基調とし、四神がデザインされたもの。
当社の神幸祭は四神像が伴った祭礼となるので、このデザインとなったようだ。


※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

【考察】

 御嶽社として創建 

松戸市松戸に鎮座する神社。

旧社格は村社で、現在は松戸の総鎮守として崇敬を集めている。

創建は寛永三年(1626)とされている。
当時は神仏習合の時代で「御嶽社」「御嶽大権現」と称していた。
元は修験道の神である蔵王権現を祀る神社であったのだろう。
当時は地域の講組織があったといい起源は蔵王権現信仰にあったように思う。

 水戸徳川家による庇護 

当社は水戸徳川家に篤い崇敬と庇護を受けた。
水戸徳川家が誕生して以降、江戸と水戸とを往来する水戸街道が整備。
街道沿いの松戸も松戸宿として宿場町となり、現在の発展へと繋がっていく。
当時は近隣に水戸徳川家の陣屋も置かれていたため、必然的に繋がりも深くなっている。

中でも徳川光圀(水戸光圀や水戸黄門として知られる)の伝承が存在。
この地を徳川光圀が鷹狩に訪れた際、御神木に止まっている白鳥へ鷹を放とうとするも鷹は微動だにしないので、憤慨した光圀が矢を放とうとしたところ、弓矢が中央から折れてしまい、光圀は折れた弓矢を奉納したとう伝承。

この他にも水戸徳川家より多数の品々が奉納されていたようなのだが、元文四年(1739)に発生した松戸宿の大火にて社殿や奉納品もなど悉く焼失している。
その後再建となり、本殿は再建当時のものが現存している。
拝殿は安政二年(1855)の震災で倒壊し、文久三年(1863)に再建されている。

 神仏分離で松戸神社に改称 

明治の神仏分離の影響もあり、明治十五年(1882)に現在の「松戸神社」に改称。
有栖川宮幟仁親王より社号の書の御染筆を賜わっている。

おそらく明治のこの頃に御祭神の変更もあったのではないかと推測できる。
元は「御嶽社」「御嶽大権現」と称していたように、蔵王権現を祀る神社だったのが分かる。
このような神仏習合色の強い神社は多くが、社名変更や御祭神変更がされており、信仰を維持するための苦肉の策だったのであろう。

 松戸の由来説 

現在は蔵王権現信仰の色合いは皆無となっており、日本武尊の伝説を伝えている。
当社によると松戸の由来は、日本武尊が従者とこの地で待ち合わせたところに祠を祀ったという故事から、「待つ里」→「まつど」→「松戸」と称される由縁になったとしている。
他に有力な説もあるので、何とも言えないが、元が蔵王権現信仰だった事を見ると眉唾物かもしれない。

 江戸時代の拝殿・本殿が現存 

社殿は、上述した通り拝殿が文久三年(1863)に再建されたもの。

本殿は元文四年(1739)の火災後に再建されたものが現存しているので、もっと古い。

いずれも現存しているのは素晴らしく思う。

 境内社の秋葉神社は立派 

境内社の数が大変多いのが特徴的。
特に目を惹くのが「秋葉神社」という立派な社殿を有する境内社。

防火の神として知られる火之迦具土大神をお祀りしており、6月30日の例祭は「松戸神社」の例祭(10月18日)と同様の大きな規模の例祭となるようだ。
当社が戦争の戦禍から免れているのも、当境内社の御神徳として崇敬を強めている。

手水舎の向かいには水神社があり、御神水を頂ける。

いつでもお水取りが可能で、この日も平日ながら何人かお水取りに訪れていた。

参道途中には坂川があり、それにかかる潜龍橋も中々よい景色。

こちらは潜龍橋から坂川・松戸駅方面を見たところ。

御朱印は社務所にて。
御朱印をお受けした際にリーフレットやチラシ、さらに境内案内図と色々と資料を下さった。
オリジナル御朱印帳も用意している。
緑を基調とし、四神がデザインされたもの。
当社の神幸祭は四神像が伴った祭礼となるので、このデザインとなったようだ。

 所感 

境内はそう広くはないのだが、社殿の他に多数ある境内社など、見所の多い神社。
例祭日である10月18日が日曜日だった場合は神幸祭が行われ大いに賑わう。
また、最近では松戸市が「コスプレにやさしい街」を標榜しており、当社境内もコスプレイヤー向けに開放した日があり、撮影イベントなどで使える時もある様子。(普段は使えないので注意)
こういった柔軟な姿勢は面白い試みだと思う。
境内はそう広くはないのだが、社殿の他に多数ある境内社など、見所の多い神社。
この日も参拝する方を見受けられ、松戸総鎮守として崇敬の篤さが伝わってきた。

【Google Maps】

神社画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]

[ 狛犬 ]

[ 参道 ]

[ 二の鳥居 ]
[ 潜龍橋 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]
[ 本殿 ]

[ 秋葉神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 御神水 ]

[ 水神社 ]
[ 市の神・金比羅神社 ]

[ 松尾神社 ]

[ 境内社 ]

[ 浅間神社 ]

[ 庚申社 ]

[ 稲荷神社 ]

[ 厳島神社 ]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]

[ 御神木 ]

[ 亀像・碑 ]
【Google Maps】

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google