稲毛浅間神社 / 千葉県千葉市

【神社情報】

稲毛浅間神社(いなげせんげんじんじゃ)

御祭神:木花咲耶姫命
相殿神:瓊々杵命・猿田彦命
社格等:村社
例大祭:7月14日〜15日


所在地:千葉県千葉市稲毛区稲毛1-15-10
最寄駅:京成稲毛駅・稲毛駅・稲毛海岸駅
公式サイト:http://www.inage-sengenjinja.or.jp/

【御由緒】

浅間神社は霊峰富士の御神威を仰ぎ戴きまつる神社として全国に約千五百社余りが祀られ、その中心は静岡県の富士山本宮浅間大社です。
稲毛浅間神社は大同三年(808)富士山本宮浅間大社より御分霊を頂き、お祭りしたと伝えられています。
こののち稲毛の里人はもとより街道筋のこともあって代々の領主、武将の新人も篤く、古文書によれば治承四年(1180)秋、源頼朝が戦勝祈願をしたことや千葉常胤氏以降歴代の千葉氏が度々祈願に見えたことがわかります。
神社の紋、九曜紋は千葉氏の家紋の一つでもあり、この点からも地元の豪族、千葉氏とのかかわりが伺われます。

(※頒布のリーフレットより)
【参拝情報】

参拝日:2015/06/18

【御朱印】

初穂料:300円
社務所にて。

稲毛浅間神社

【御朱印帳】

初穂料:2,400円・1,200円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を2種類用意している。
ちりめんタイプの可愛らしいものは御朱印帳袋付き。(詳細は下記画像)
さらに白茶のシンプルな御朱印帳も用意している。

image

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

【授与品・頒布品】

交通安全ステッカー
初穂料:200円
社務所にて。

【備考】
千葉県千葉市稲毛区に鎮座する浅間神社。
中々の規模感がある神社となっている。

大同三年(808)、「富士山本宮浅間大社」から勧請したのに始まるとされている。
源頼朝も、東胤頼を使者として同社に参詣させ武運長久を祈らせた。
鎌倉時代以降は千葉氏の崇敬が篤かった。

当社の神紋は「九曜紋」になっており、「浅間神社」系としては大変珍しい。
これは千葉氏の紋が「九曜紋」「月星紋」など妙見信仰にまつわる紋を使っているためで、千葉氏との関係を推測する事ができる。
関東では千葉氏の一族が宮司になる事もあり、当社もその形となる。
千葉市内の主要な神社仏閣でよく見られる。

ちなみに平将門も妙見信仰で九曜紋だったと言われ、千葉氏は将門の叔父であり、将門同様に妙見信仰に篤かった平良文の子孫(その平良文の息子・平忠頼と平将門の娘・春姫の子である平忠常の系譜)なので、その影響によるものだろう。

14号線を挟んで対岸にある鳥居が一の鳥居とされているのだが、ここはかつて海上にあったようだ。
この地区は昭和三十年(1955)頃までは海水浴場として栄えたが、現在では埋めたてられており海上鳥居は存在せず、駐車場の14号線を挟んだ一角に一の鳥居が立っている。

現在は平成二十八年(2016)御社殿再建より50年の記念行事として、今年の11月に竣工予定の神門造営工事を行っている。
そのため境内のあちらこちらが工事中になっており、神門がある位置にあった手水舎は社殿左手に簡易なものへと置き換えられていたり、拝殿も改修工事が行われていた。
神門を造営しているのは事前に知っていたのだが、拝殿も工事中なのは知らなかったのでその姿を見る事ができなくて少し残念。
他にも境内社など新しいものに置き換わっているのがいくつか見受けられた。

余談になるが原作はライトノベルでTVアニメ化もした「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」という作品は、この周辺が舞台になる事が多く、主人公たちが初詣に訪れた神社が当社とされている。
聖地巡礼というほど盛り上がってはいないようだが、一部の絵馬にそれらしきものが奉納されていた。

御朱印は社務所(授与所)にて。
オリジナルの御朱印帳を2種類用意しており、ちりめんタイプなど珍しいものも。

広く整備された境内は心地よい空気感を感じさせてくれる。
夏の大祭は稲毛の夏の風物詩といえる盛り上がりをみせるそうだ。
神門などの工事が終わるとさぞかし見事な境内になるのではないだろうか。
今年の11月頃には終わる見込みだそうなので、それ以降にまた参詣したい。

神社画像

[ 一の鳥居 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 神門(造営中) ]

[ 参道 ]

[ 手水舎(仮) ]

[ 拝殿(改修中) ]

[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 北西参道 ]

[ 狛犬 ]

[ 神明社 ]

[ 三峰神社 ]

[ 八坂神社 ]

[ 大宮神社 ]

[ 境内社(造営中) ]

[ 稲荷神社 ]

[ 庚申様 ]

【Google Maps】