駒繋神社 / 東京都世田谷区

img_2841

神社情報

駒繋神社(こまつなぎじんじゃ)

御祭神:大国主命
旧社格:─
例大祭:9月第3日曜
所在地:東京都世田谷区下馬4-27-26
最寄駅:祐天寺駅・三軒茶屋駅
公式サイト:http://www.komatunagi.jp/

御由緒

 当社は、今から約九百五十年程昔、平安時代後期、御冷泉天皇の天喜四年(1056)四月に源義家公が父頼義公と共に朝廷の命をうけ奥州の安倍氏征伐(前九年の役)に向う途中、この地を通過する際に子の神(当社)に武運を祈ったと伝えられており、少なくともこれより以前に出雲大社の御分霊を勧請し守護神としてお祀りされたと考えられます。
 その後文治五年七月(1189)源頼朝公が奥州の藤原泰衡征伐のため、自ら大軍を率いて鎌倉を発しこの地に至った時に、往時義家公が子の神(当社)に参拝したことを回想し、愛馬より下りて駒(馬)を境内の松に繫いで戦勝を祈願したと言われており、この故事により「子の神」が「駒繫神社」とも呼ばれるようになり、明治以降に正式に「駒繫神社」と称せられるようになりました。
 また、新編武蔵風土記には「子の神の境内は五反(1500坪)下馬引澤の内小名、子の神丸にありその所の鎮守なり、此社の鎮座の年歴を詳らかにせず、本社九尺に二間、拝殿二間に三間社地の入口に柱間八尺の鳥居を建てこれより石段二十五を経て社前に至る。又本社の未の方(南南西)にも同じ鳥居一基を建てる。」と記されており、当時の神社の境内の様子を知ることが出来ます。
 当社の創立の年代は定かではありませんが、源義家公が前九年の役に際し、当社にて戦勝祈願された故事を鎮座の起源として、昭和三十二年に鎮座九百年式年大祭、平成十九年に鎮座九百五十年式年大祭が、それぞれ盛大に斎行されました。
 現在氏子区域は下馬一丁目から六丁目であり、下馬に住む人々憩いの場、鎮守の杜として、この町をお護りしております。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/11/22(ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/08/30(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

%e9%a7%92%e7%b9%8b%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

考察

源氏ゆかり下馬の鎮守

東京都世田谷区下馬に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、旧下馬引澤(現・下馬)の鎮守。
かつては「子の神(ねのかみ)」「子明神(ねのみょうじん)」と呼ばれていた。
源氏の伝承がいくつも残されており、源氏ゆかりの神社とされる。

源頼義・義家(八幡太郎)の伝承

創建年代は不詳とされている。

社伝によると、天喜四年(1056)、源義家(八幡太郎)が父・頼義と共に、朝廷の命を受け奥州の安倍氏征伐(前九年の役)に向う途中、子の神(当社)で戦勝祈願をしたと伝えられている。

この事から、少なくともこれ以前に当社が創建されていた事が分かる。
当地の村人たちによって大国主命を祀る「出雲大社」より勧請して祀られていたと推測されている。

子の神(ねのかみ)と呼ばれる理由

当社は古くから「子の神(ねのかみ)」と称されていた。

「子の神」と呼ばれる神社は、関東圏に多く見られる。
img_2843その多くは御祭神が、大国主(おおくにぬし)となっている。

大国主は、スサノオの息子であり、天孫降臨で天津神に国土を献上したことから「国譲りの神」とも呼ばれる。
「出雲大社」に祀られている神として有名で、国造りの神、農業神、商業神などとして信仰を集めている。
この大国主だが、神仏習合の歴史の元で、大黒天と習合していく事となる。
七福神の一柱とも知られる大黒天は、神道では大国主と同一視される。
そのため、「子の神」は大黒天(大国主)を祀る神社と云う事ができる。
「子(ね)」とは、十二支の「子」の事であり、すなわち「鼠」を表す。
大黒天の神使は「鼠」とされており、大切にされていた。

このように大国主を祀る神社=同一視された大黒天を祀る神でもあり、大黒天の神使は鼠である事から、「子の神」と称されるようになった、と云えるであろう。

大国主は、国造りの神、農業神として信仰されたように、当地の村民たちによって創建され、崇敬を集めていたものと思われる。

源頼朝の伝承・駒繋と呼ばれる由来

文治五年(1189)、源頼朝が、奥州征伐のため当地を通過する際に、祖先である義家(八幡太郎)が当社に戦勝祈願して奥州へ向かった事を回想し、当社にて戦勝祈願をしたとされる。

この時、愛馬から下りて馬(駒)を境内の松に繫いで、戦勝祈願をしたと伝えられており、この事から「駒繋神社」とも呼ばれるようになっていく。

こうして源頼義・義家父子による伝承、その子孫である頼朝の伝承が残る当社は、「源氏ゆかりの神社」として崇敬を集める事となる。

源氏と関わりの深い神社の多くは、源氏の氏神である八幡信仰の神社であるが、当社は上述のように大国主を祀った神社であり、こうした組み合わせが面白い。

下馬と上馬に繋がる馬引澤村の地名由来

また頼朝は、「駒繋」の由来だけでなく、現在の上馬・下馬に繋がる「馬引澤村」の由来も故事として残している。

頼朝が当地周辺を進む途中、乗馬にて沢を渡ったところ、愛馬が何かに驚いて暴れだし、沢の深みに落ちてしまう。
愛馬を引き上げようとしても砂利が崩れて引き上げられず、愛馬が死んでしまったので、沢の岸辺近くに葬り塚を作り、馬が芦毛であったため芦毛塚と名付けた。
その時、頼朝が「これから先、この地に来たときは、必ず馬から下りて沢は引いて渡れ」と厳命し、この沢を「馬引きの沢」と名付けたと伝わる。
これが現在の「馬引澤村」の地名由来である。

%e5%8f%a4%e4%ba%8b国立国会図書館デジタルコレクションより)

こちらは『江戸名所図会』に描かれた「馬牽澤古事」。
上述の故事について描いている。

なお、頼朝の愛馬を葬った芦毛塚だが、現在も蛇崩交差点から五本木方面に向かう道の真ん中に「芦毛塚之碑」が置かれている。

江戸時代の史料から見る当社

江戸時代に入ると、慶長十四年(1609)に馬引澤村が大久保氏の領地となる。
いつしか馬引澤村は、村民たちによって上馬引澤・中馬引澤・下馬引澤と分けられるようになり、当社は下馬引澤の鎮守であった。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(馬引澤村)
子の神社
除地五段。下馬引澤の内小名子の神丸にあり。その所の鎮守なり。此社の鎮座の年歴を詳にせす。本地沸は文殊菩薩の由いえり。本社九尺に二間、拝殿二間に三間。社地の入口に柱間八尺の鳥居を建。これより石階二十五級を歴て社前に至る。又本社の未の方にも同し鳥居一基をたてり。
末社。稲荷社。本社の左右にわつかなる祠一社つつあり。

馬引澤村にある下馬引澤の「子の神社」として記されているのが当社。
下馬引澤の鎮守であった事が記されている。
なお、当時の別当寺は「寿福寺」であった。

江戸時代に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

%e5%ad%90%e6%98%8e%e7%a5%9e国立国会図書館デジタルコレクションより)

「子明神(ねのみょうじん)」として描かれている。
当時の境内の様子、さらにはこの周辺の様子を知る事ができて興味深い。
次ページには「下馬引沢邑道より左の方、耕田を隔てて丘の上にあり」といった文章があり、当時からやや小高いところにあった事が伝わってくる。

当社の前に流れる川は蛇崩川。
現在は蛇崩川緑道として緑道になってしまっているが、まだ暗渠となる前の蛇崩川には当社へ向かう神橋が架かっていた事が分かる。
なお、緑道になった現在も当時を忍ばせる神橋(戦後に架けられたもの)が架かっている。

明治時代の改称・戦後の再建

明治になり神仏分離。
この頃に頼朝の故事から「駒繋神社」に改称している。
img_2819馬引澤村は、上馬引沢村・中下引沢村・下馬引沢村に分離。
当社は下馬引沢村の鎮守であった。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行に際し、上馬引沢村・下馬引沢村・野沢村・弦巻村・世田ヶ谷新町・深沢村の6村が合併し「駒沢村」が成立。
なお、駒沢の地名は、馬引沢村の馬(駒)と野沢・深沢の沢を合わせて名付けられた合成地名である。

明治二十五年(1892)、神楽殿を竣工。
明治三十一年(1898)、社殿を造営。

昭和七年(1932)、世田谷区が成立すると当地は世田谷区下馬町となる。
古い地名である上馬引沢から引沢の文字が取られ、下馬となった事が分かる。
これが現在の下馬に繋がっていく。

戦後になると、昭和二十六年(1951)に神橋が再建される。
昭和三十八年(1963)、現在の社殿が造営。
平成二十五年(2013)、駒繋の由来となった三代目の松の木が枯れ木となり伐採されてしまい現在に至っている。

余談になるが、下馬の鎮守が当社であり、上馬の鎮守が「駒留八幡神社」である。
どちらも駒(馬)の文字が入っているように、地名も含め当地と馬への縁は深い。
駒留八幡神社 / 東京都世田谷区
上馬鎮守。若宮八幡宮。領主による創建・駒留と呼ばれた由来。世田谷城主の側室常磐の悲劇・世田谷区の花「サギソウ」伝説。江戸時代の領主大久保氏からの崇敬。重厚な拝殿と塚の上に建つ本殿。多くの境内社・信仰を伝える一角。御朱印。

緑に囲まれた鎮守の杜・戦後再建の社殿

最寄駅は祐天寺駅もしくは三軒茶屋駅になるが、どちらからも徒歩15分以上はかかる距離で、土地勘がないと分かりにくい住宅街を進む事となる。
img_2807蛇崩川緑道に架かる神橋は昭和二十六年(1951)に再建されたもの。
かつてはここに蛇崩川が流れていたが、現在は暗渠化され緑道となっている。

神橋の先に鳥居と社号碑。
img_2809鳥居を潜ると正面に石段、右手が緩やかな坂となっている。
img_2812石段を上るとすぐ右手に手水舎。
img_2815参道の正面に社殿となっている。

社殿は昭和三十八年(1963)に造営されたもの。
img_2817鉄筋コンクリート造の社殿でとても綺麗に維持されている。
img_2818戦後の再建であるが彫刻などもよく造られている。
img_2830本殿には明治三十一年(1898)に造営された旧本殿が納められているという。

境内の左手には立派な神楽殿。
img_2834明治二十五年(1892)に竣工したものが現存しており、時代劇や映画などのロケ地として利用される事もあるという。

境内社とかつてあった駒繋の松

境内社は社殿の左手に招魂社。
img_2835昭和三十九年(1964)に旧拝殿を移築して創建された。

その奥に御嶽神社・榛名神社・三峯神社の三社殿。
img_2829天保十五年(1844)、五穀豊穣・盗難・火難除・家内安全を目的とした講により祀られた。

更に稲荷神社が南北に二社。
img_2823手水舎の奥に一社。
img_2838社務所の右手に一社となっている。
南北をそれぞれ守護していると云われている。

この稲荷社の近くに、かつては「駒繋」の由来となった頼朝の故事に登場する松の木があった。
最近まで「駒繋松」として三代目の松の木があったものの、枯れ木になってしまったため、平成二十五年(2013)に伐採されてしまっている。
img_2839当時を偲ぶ石碑のみ残っている状態。
現在、四代目を育てているとの事なので、駒繋松の復活を楽しみにしたい。

緑に囲まれた境内には、世田谷区名木百選に選ばれている2本の木など見事な名木が多い。
img_2820四季折々の景色を楽しめる素敵な境内。

御朱印は社務所にて。
img_2827インターホンを押してお願いすると快く対応して下さった。
源氏ゆかりの伝承など色々と教えて頂き有り難い。

所感

下馬の鎮守である当社。
源頼義・義家や源頼朝といった源氏の伝承が残り、源氏ゆかりの神社である。
かつては「子の神」と呼ばれる事が多く、大国主(大黒天)を祀り、村民からの崇敬を集めていた事が伝わる。
近くに筆者お気に入りの焼菓子屋があるため、そちらに寄る時はいつも参詣しているのだが、緑に囲まれた境内は古き鎮守らしい姿を維持しており、四季折々の景色を楽しめる。
夏は蝉時雨を感じる事ができ、秋は紅葉を楽しむ事もできる。
今もなお地域の方から崇敬され続けている良い鎮守である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 神橋 ]
img_2807
[ 神橋・鳥居 ]
img_2846
[ 鳥居・社号碑 ]
img_2809
[ 参道 ]
img_2812
[ 石段 ]
img_2813
[ 女坂 ]
img_2845
[ 手水舎 ]
img_2815
[ 拝殿 ]
img_2814
img_2816
img_2817
img_2824
img_2841
img_2818
img_2819
[ 本殿 ]
img_2830
[ 狛犬 ]
img_2825
img_2826
[ 稲荷神社 ]
img_2823
[ 石碑 ]
img_2822
[ 扁額 ]
img_2843
[御嶽神社・榛名神社・三峯神社]
img_2829
[ 神輿庫 ]
img_2831
[ 石碑 ]
img_2832
[ 招魂社]
img_2835
[ 南鳥居 ]
img_2836
[ 神楽殿 ]
img_2828
img_2834
[ 稲荷神社 ]
img_2837
img_2838
[ 三代目駒繋之松碑 ]
img_2839
[ 社務所 ]
img_2827
[ 御神木 ]
img_2820
img_2811
[ 案内板 ]
img_2810
img_2821

Google Maps