日野八坂神社 / 東京都日野市

神社情報

日野八坂神社(ひのやさかじんじゃ)

御祭神:素盞嗚尊
相殿神:櫛御気野御命・倉稲魂命・大山咋命
社格等:村社
例大祭:9月中旬の土曜・日曜
所在地:東京都日野市日野本町3-14-12
最寄駅:日野駅
公式サイト:─

御由緒

 創立年代は不詳であるが、むかし日野本郷の多摩川の流れに沿って土淵という深淵があり、それでこの付近を土淵の庄と云ったが、あるとき多摩川洪水の後、数夜にわたってその淵に何か怪しい光るものがみえたと云う。里の老翁がこれを拾い上げたところ、金色燦然とした牛頭天王の神像であったため、里人は歓喜してこれを勧請し、祠を建立、鎮守として祀ったのが当八坂神社の起源と云われ、五穀豊穣・疫病除け・子孫繁栄に霊験無双の神なりとしてある。
 本殿は、寛政一二年(1800年)に完成したもので、様式一間社造り、屋根は流れ造りで、正面に千鳥破風・軒唐白木彫りの彫刻垂木の組物等、建築技術の粋をつくした絢爛華麗な江戸後期の典型的な社殿(本殿)建築である。この本殿には、安政五年(1858年)に天然理心流近藤周助の門人達により奉納された額があり、欅板に大小二本の木刀が架けられている。
 例大祭は、毎年九月、盛大に行われ、特に「千貫みこし」とよばれる神社神輿の渡御は都内、近県でも有名な神事で、絢爛豪華な祭絵巻が繰り広げられている。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2018/05/01(御朱印拝受/御朱印帳拝領/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/11/29(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円・800円(見開き)
社務所にて。

※2016年11月頃より新選組を思わせるだんだら模様の御朱印となった。
※期間によって書き置きの限定御朱印など複数の御朱印を用意。
※境内社の「八幡社」「山王社(日枝神社)」、兼務社の「日野宮神社」の御朱印も頂ける。

[2018/01/08拝受]
(端午の節句御朱印)

[2017/09/21拝受]
(5月月次祭御朱印)

[2016/05/11拝受]
(通常御朱印)

[ 境内掲示 ]

御朱印帳

初穂料:1,500円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意。
新選組ゆかりの神社であるため、新選組を思わせるだんだら模様の御朱印帳。
当社に奉納された天然理心流の奉納額をシンプルに表現した表面が秀逸。

[ 表面 ]

[ 裏面 ]

歴史考察

日野総鎮守の天王様・新選組ゆかりの神社

東京都日野市日野本町に鎮座する神社。
旧社格は村社で、日野の総鎮守。
祇園信仰の神社で、かつては牛頭天王を祀る「牛頭天王社」と呼ばれた。
現在でも「天王様」と呼び崇敬する氏子の方が多い。
近藤勇や沖田総司など天然理心流門人らが奉納した額が残されており、新選組ゆかりの神社として知られる。
また、近年では多くの御朱印を用意し人気を博している。

牛頭天王の神像を祀り創建・牛頭天王を祀る祇園信仰

創建年代は不詳。
社伝によると、多摩川で見つかった牛頭天王の神像を祀った事が始まりと伝わっている。

室町時代以前の創建と見られている。

かつて日野本郷の多摩川の流れに沿って「土渕」と呼ばれた淵があり、その周辺を「土淵ノ庄」と呼んでいた。

ある時、多摩川が洪水した後、数夜に渡って土渕から怪しい光が見えたと云う。
里の老翁が拾い上げると、金色燦然とした牛頭天王の神像が見つかった。
里の人々は大いに喜び、祠を建立し鎮守として祀ったのが、当社の起源と伝えられている。

牛頭天王の神像を祀った当社は「牛頭天王社」と呼ばれた。

牛頭天王(ごずてんのう)は、日本における神仏習合の神。
釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神とされたため、牛頭天王を祀る信仰を祇園信仰(ぎおんしんこう)と称する。
総本社は祇園祭でも知られる京都の「八坂神社」で、全国の「八坂神社」「天王社」など祇園信仰の神として祀られた。
神道ではスサノオと習合したため、明治の神仏分離後の神社では、御祭神は素盞鳴尊に改められたところが多いが、今も当時の名残で「天王様」と親しまれる事が多い。

「天王様」と称され日野一帯から崇敬を集めた。
当時は現在地よりも西の「本宿」と呼ばれた地域に鎮座していたと云う。

中世の再興と現在地への遷座

応永五年(1398)、僧儀雲が当社の近くに「土渕山観音院普門寺」を開基建立。
この「普門寺」(現・日野本町7丁目)が当社の別当寺となる。

当社と「普門寺」は共に、現在地より西の「本宿」と呼ばれた位置に鎮座。

永享年中(1429年-1440年)、「金剛寺(高幡不動)」の権少僧都智伝が社殿を造営。
衰微していた神社を中興する。

元亀元年(1570)、権僧都清宥によって「普門寺」が現在地(現・日野本町7丁目)へ移転。
当社も現在地(現・日野本町3丁目)へ遷座した。

同年、北条氏照によって日野の屋敷割りが行われている。
甲州街道の街道筋が定められたため、街道筋へ遷座となったのであろう。

日野宿として発展・日野宿の鎮守に

慶長十年(1605)、甲州街道が整備された事で、日野宿(ひのじゅく)が成立。
甲州街道の5番目の宿場町として、小さいながらも発展する事となる。

江戸方面には府中宿、甲府方面には八王子宿と、大きな宿場町があり、その間に挟まれた日野宿はそれらに比べると、取次ぎを主とする小さな宿場町であった。
しかしながら、幕府公認の多摩川にあった渡し場「日野の渡し」を運営するなど、小さな宿場町ながらも重要な土地でもあった。

%e6%97%a5%e9%87%8e%e6%b4%a5(江戸名所図会)

こちらは『江戸名所図会』に描かれた「日野津(ひののつ)」。
日野の渡しの様子を描いており、のどかな光景が伝わる。
そうした日野宿・日野郷の鎮守として当社は崇敬を集める事となる。

日野宿の本陣跡には今も「日野宿本陣」として当時の建物が建っている。
近藤勇や副長の土方歳三、沖田総司、井上源三郎たちが激しい稽古に励んだ場所です。

徳川家光より朱印地を賜る・現存する本殿が造営

慶安元年(1648)、徳川三代将軍・徳川家光によって、朱印地14石を賜る。
天下安穏・国土泰平の祈願として、社領免除の旨を下したと云う。

日野宿の鎮守として徳川家からも庇護された事が伝わる。

寛延二年(1749)、拝殿を造営。
寛政十二年(1800)、本殿を再建。
現在の本殿はこの当時のものが現存しており、日野市文化財に指定されている。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(日野本郷)
天王社
小名上宿社領の内にあり。鳥居一基を立。社前に二間に四間の拝殿ありて、勧請及び社領をたまひし年月を詳にせず。例祭は六月十八日に行へり。
鐘楼。七尺四方、鐘は圓径二尺五寸。寳永四年の銘文を鋳る。
末社。天神祠。辨天祠。
菴。二間に三間。社頭を守る僧ここに住居せり。

日野本郷の「天王社」として記されているのが当社。
日野宿内にあり、創建年代などは不詳と記されている。

神仏習合の元、当時は境内に鐘楼が置かれていたようだ。
当時の末社は天神社と弁天社の祠が2社。

菴があり当社を守る僧が住んでいたと云い、別当寺「普門寺」の僧であろう。

新選組と深い関わりを持った幕末・天然理心流奉納額

幕末になると、日野は新選組と関わりの深い地となる。

日野本郷の名主である佐藤彦五郎が、天然理心流三代目宗家・近藤周助の門人となる。
彦五郎は、「日野宿本陣」の前にあった長屋門を改装して、自分の屋敷内に天然理心流の出稽古用の道場「佐藤道場」を開いている。

近藤勇や副長の土方歳三、沖田総司、井上源三郎たちが激しい稽古に励んだ場所です。
天然理心流(てんねんりしんりゅう)とは、江戸時代の剣客・近藤内蔵之助が寛政年間(1789年-1801年)に創始したと伝わる古武道。
江戸に道場を構えたが、近隣の農村へ出稽古を行ったため、多摩地域などに広まった。
三代目宗家・近藤周助は、江戸牛込に天然理心流剣術道場「試衛館」を開設し、多摩地域への出稽古も盛んに行った。
多摩郡上石原村(現・調布市野水)の百姓の子である宮川勝五郎(後の近藤勇)を養子に迎え嶋崎(後に近藤)の姓を与える。
近藤勇は天然理心流四代目宗家となり、後に新選組局長として知られる事となる。

この佐藤道場で出稽古時に剣術を教えていたのが、江戸牛込「試衛館」に入門し天然理心流宗家を継ぐ事となる、後の新選組局長・近藤勇である。

近藤と土方歳三、沖田総司、井上源三郎などの新選組主要メンバーは日野で出会ったと云える。

安政五年(1858)、天然理心流の面々は当社に剣術額を奉納。
欅の板に大小2本の木刀が架けられた額で、日野宿の佐藤道場で稽古に励んでいた23名の名が記されている。

%e5%a4%a9%e7%84%b6%e7%90%86%e5%bf%83%e6%b5%81%e5%a5%89%e7%b4%8d%e9%a1%8d日野市観光協会より)

最後に嶋崎勇とあるのが、後の新選組局長・近藤勇。
最後から2番目にある沖田惣次郎が、後の新選組一番隊組長・沖田総司。
他にも近藤勇の兄弟子であり、後の新選組六番隊組長・井上源三郎の名も見える。

正式入門が安政六年(1859)の土方歳三の名はないものの、当時から交流はあったと見られている。土方歳三は石田村(現・日野市石田)の大尽と呼ばれる裕福な家庭の出で、佐藤道場を開いた日野宿の名主・佐藤彦五郎とは義兄弟の間柄であり、佐藤道場に通っていた。

この奉納額は、現在は当社例大祭と「ひの新選組まつり」の当日に公開される。

明治以降の歩み・八坂神社への改称

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

社号も「八坂神社」に改称、御祭神も素盞鳴尊に変更している。
これは牛頭天王は神仏習合の色合いが濃かったため、改めたものである。

明治七年(1874)、佐藤俊正(佐藤彦五郎が改名)の願いによって、有栖川宮熾仁親王より本殿と鳥居にある扁額の「八坂社」の文字を賜っている。
img_2988明治十一年(1878)、日野宿は南多摩郡に属すし、佐藤俊正が初代南多摩郡長となる。
明治十三年(1880)、現在も使われる神輿が完成、翌年には旧神輿庫を造営。

神輿は佐藤俊宣の発起により完成したもので、当時一千余円を費やしたと云われ、現在も「千貫みこし」として知られる。

明治三十九年(1906)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
日野という地名も見る事ができる。

現在の日野駅よりやや南側に日野駅があり、明治二十三年(1890)に甲武鉄道の駅として開業。当時はまだ日野駅の周囲は閑散とした農地となっていた事が分かり、日野は日野宿が元で発展したように甲州街道沿いに発展していたことも伺える。

昭和三年(1928)、本殿を保護する覆殿を造営。
同年の当社の様子で、当時の覆殿と明治十三年(1880)に完成し、現在も使われている神輿の姿が、今も残る狛犬の姿が見える。

昭和五十一年(1976)、前宮司による寄進によって社務所を建設。
平成九年(1997)、氏子崇敬者の寄進によって本殿の修復と、老朽化した覆殿の改築がされ、現在に至っている。

平成十年(1998)の日野市産業まつりにおいて、第1回「新選組in日野」という新選組パレードのイベントが行われており、これが現在も続く「ひの新選組まつり」である。
「ひの新選組まつり」当日には、当社にある天然理心流奉納額が公開される。

境内案内

甲州街道沿いに鎮座する日野総鎮守

最寄駅の日野駅から東へ数分の距離に鎮座。
当社の前の通りが甲州街道で、甲州街道の整備と共に元亀元年(1570)に当地へ遷座。
鳥居の扁額の文字は有栖川宮熾仁親王によるもの。

明治七年(1874)、日野本郷の名主・佐藤俊正(佐藤彦五郎が改名)の願いによって、有栖川宮熾仁親王より本殿と鳥居にある扁額の「八坂社」の文字を賜っている。佐藤彦五郎は土方歳三と義兄弟の間柄。

鳥居を潜ると正面にあるのは社務所。
社殿や手水舎は境内右手にある。
鳥居を潜って右手に手水舎。
平成二十二年(2010)に建立されたものでまだ新しい。

彫刻が見事な江戸時代の本殿・保護する覆殿

境内の右手、手水舎の左手奥に社殿。
社殿は平成九年(1997)に改修されたもの。
倉庫のようにも見える社殿であるが、これは本殿を保護する覆殿となっている。
拝殿と一体となった覆殿で、この覆殿の中に本殿が置かれている。

本殿は、寛政十二年(1800)に再建されたものが現存。
棟高9.1mの総欅けやき造りで、壁面、柱、梁などにも彫刻が施されたもの。
壮麗な造りとなっており日野市文化財に指定されている。

例大祭当日には本殿の彫刻も公開され、昇段した上で近くで見る事ができる。

大正時代の狛犬・境内社の八幡社と山王社(日枝神社)

社殿の前には一対の狛犬。
大正四年(1915)に奉納されたものでシンプルな造形。
上掲した昭和三年(1928)の古写真にもこの狛犬が映っている。

境内社は社殿の左手に八幡社。
境内社としては立派な社殿が設けられていて彫刻も施されている。
享保十八年(1733)に鎌倉の「鶴岡八幡宮」から勧請されたと云う。
大正十二年(1923)に境内社の厳島神社を合祀。
社殿内には庚申信仰による青面金剛像が奉納。
合祀された弁財天も同様に安置している。

その左手に小さな祠の山王社。
現在は日枝神社とも称される。

これら境内社の御朱印も用意されている。

他にも御由緒不明な祠や筆塚などが置かれている。

だんだら模様の御朱印や御朱印帳・数多くの限定御朱印

御朱印は社務所にて。
いつも丁寧に対応して下さる。

2016年11月頃より御朱印が変更となり、新選組ゆかりの神社という事で、だんだら模様のスタンプが押されるように。
新選組ファンの方からすると嬉しい御朱印となっている。

2018年5月に参拝した時は、御朱印を大変多く用意するようになっていた。
見開き御朱印、書き置き御朱印、御朱印帳に記帳して頂ける御朱印など豊富。
こちらは端午の節句の見開き御朱印(書き置き)。

境内社の「八幡社」「日枝神社(山王社)」の御朱印も頂ける。
掲示はないが兼務社である「日野宮神社」(日野市栄町)の御朱印も頂ける。
日野四ツ谷地区(栄町一帯)鎮守。通称・権現さま。鰻を食べてはいけないという伝承がある四ツ谷地区。武蔵七党の中の西党・祖神を祀り日野宮権現を創建。日野の地名由来説の1つ。栄町遺跡・中世の村落。仏像が3体安置。本務社は「日野八坂神社」。御朱印。

オリジナル御朱印帳も用意。
新選組を思わせるだんだら模様の御朱印帳で、当社に奉納された天然理心流の奉納額をシンプルに表現した表面が秀逸。

ひの新選組まつりと例大祭では天然理心流奉納額が公開

現在では毎年5月中旬に「ひの新選組まつり」が開催。
今では新選組ファンや日野の一大イベントとなっている。

平成十年(1998)の日野市産業まつりにおいて、第1回「新選組in日野」という新選組パレードのイベントが行われており、これが現在の「ひの新選組まつり」である。

「ひの新選組まつり」当日には、当社にある天然理心流奉納額が公開。
八坂神社会場として、当社も全面協力。
天然理心流など多くの演舞や奉納試合が行われる。

第21回 ひの新選組まつり
2018年5月12日-13日
天然理心流奉納額の見学は13日の9:30-15:30まで

また9月中旬の当社の例大祭でも同様に天然理心流奉納額が公開。
本殿の彫刻も公開され、昇段した上で近くで見る事ができる。

現在使われている神輿は佐藤俊宣の発起により完成したもので、当時一千余円を費やしたと云われ、現在も「千貫みこし」として知られる。

所感

日野の総鎮守として崇敬を集めている当社。
かつては牛頭天王を祀り、牛頭天王社として崇敬を集め、今も「天王様」と親しまれている。
日野宿という宿場町になってからも当地の人々によって崇敬されたのが伝わり、現在は特に新選組ゆかりの神社として、崇敬を集めている。
境内は広いものではないが、本殿や天然理心流奉納額など、当地の歴史を伝えてくれる良社。
最近は御朱印にも積極的で、色々と努力されているのが伝わる。
新選組ファンは当社への参拝はもちろん、徒歩圏内には日野市運営の「新選組のふるさと歴史館」もあるので合わせて巡るのもよいだろう。
他にも日野市石田の「土方歳三資料館」など、日野周辺には新選組ゆかりの地や史料が多く残されていて、いつ行っても飽きる事がない良い地域である。

神社画像

[ 鳥居 ]


[ 境内 ]


[ 手水舎 ]

[ 社殿(覆殿) ]





[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 八幡社 ]





[ 山王社(日枝神社) ]

[ 御籤掛 ]

[ 旧御神木 ]

[ 社務所 ]

[ 神輿庫 ]

[ 石祠 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 筆塚 ]

[ 案内板 ]








Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google