鷲宮神社 / 埼玉県久喜市

【神社情報】

鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)

御祭神:天穂日命・武夷鳥命・大己貴命
旧社格:准勅祭社・県社 現:別表神社
例大祭:3月28日(例祭)・12月初酉の日(大酉祭)


所在地:埼玉県久喜市鷲宮1-6-1
最寄駅:鷲宮駅
公式サイト:http://www.washinomiyajinja.or.jp/

【御由緒】

 当神社は、出雲族の草創に係る関東最古の大社である。神代の昔に天穂日宮とその御子武夷鳥宮とが、昌彦・昌武親子外二十七の部族等を率いて当地に神崎神社(大己貴命)を祀り、さらに天穂日宮の御霊徳を崇め、別宮立てて奉祀したのに始る。
 崇徳天皇の御世には、太田々根子命が祭祀し、豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)、彦狭島(ひこさしま)命御諸別(みもろわけ)王が、それぞれ幣帛を奉納した。景行天皇の御世には、日本武尊が当社の御神威を崇め尊み、社殿の造営をし、併せて相殿に武夷鳥命を奉祀した。桓武天皇の御世には、征夷大将軍坂上田村麻呂が、武運長久を祈り奥州鷲巣に当社の御分社を奉祀した。中世以降には、関東総社ま関東鎮護の神として、武将の尊崇が厚く歴史上有名な武将だけでも藤原秀郷・源義家・源頼朝・源義経・北条時頼・北条貞時・新田義貞・小山義政・足利氏歴代・古川公方・関東官領・上杉氏歴代・武田信玄・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康等があげられ、武運長久を祈る幣帛の奉納や神領の寄進、社殿の造営等がなされた。江戸時代には、四百石の神領を与えられ、歴代将軍の朱印状が残されている。明治天皇の御世には、神祀官達により准勅祭社に定められ、勅使参向のもと幣帛の奉納がなされた。そして明治天皇行幸の際、当社に御小憩され祭祀料として金壱封を賜り、昭和天皇の御世にも幣帛を賜った。終戦の後、神社本庁包括宗教法人として氏子崇敬者の尊信を専らにしてかわることなく今日にいたっている。
(※頒布のリーフレットより)
【参拝情報】

参拝日:2015/06/03

【御朱印】

初穂料:300円
社務所にて。

御朱印をお受けした際に、由緒書きなど書かれたリーフレットなどと共に「笑門来福(社号入り)ステッカー」が挟んであった。

鷲宮神社

【御朱印帳】

初穂料:1,000円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
紫を貴重に、金色の神紋と社号が押されたもの。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

【授与品・頒布品】

笑門来福(社号入り)ステッカー
初穂料:─
授与所にて。

御朱印をお受けした際に御朱印帳に挟んで下さった。

交通安全ステッカー(小)
初穂料:200円
授与所にて。

【備考】

埼玉県久喜市鷲宮に鎮座する古社。
社伝によると神代の昔に創設したとあるため、「関東最古の大社」と呼ばれる事も。

西暦にすると紀元前より創建との社伝であるが、古代の神社一覧で社格としても語られる事のある『延喜式神名帳』や「国史」には当社についての記載がない。
但し、古くから関東において崇敬を篤かった大社なのは間違いがないようで、特に中世以降より関東の総社・関東鎮護の神社として東国の武家の崇敬を受けていた事が分かる。

また別名を「土師宮(はにしのみや/はじのみや)」とも言われ、古代に西国(出雲国とも河内国とも)から東国へ移住した土師(はじ)氏が、当地に移住した際に先祖を祀ったのが起源ではないかと言われている。
そして、「はにしのみや/はじのみや」が訛って、現在の「わしのみや」になったとされる。
当社の神楽は、伝承に基づいて「土師」の名称を用いている。
同様に元荒川流域には土師氏の影響と思われる「久伊豆神社」系が多くあり、逆にこの流域には埼玉・東京では隆盛を誇っている「氷川神社」系がさっぱり見られなくなるのが面白い。

由緒書きにあるように、藤原秀郷・源義家・源頼朝・源義経・北条時頼・北条貞時・新田義貞・小山義政・足利氏歴代・古川公方・関東官領・上杉氏歴代・武田信玄・織田信長・豊臣秀吉・徳川家康といったその時代の権力者達によって庇護され、武運長久を祈る幣帛の奉納や神領の寄進、社殿の造営等が行われた。
江戸時代になっても四百石の神領を与えられ、歴代将軍の朱印状が残されている事からも、関東における当社の重要な位置付けがよく分かる。

さらに明治維新後は准勅祭社に定められている。
当時、准勅祭社に定められたのは東京近郊の12社。
東京近郊の主だった神社を准勅祭社と定めて東京の鎮護と万民の安泰を祈る神社として制定されている。

現在、東京23区内の旧准勅祭社である10社は「東京十社」と呼ばれている事は、神社に詳しい方ならご存知の通り。
この「東京十社」+武蔵国総社であった「大國魂神社」+当社の12社が准勅祭社になっていた事からも、当社の重要な位置付けが分かるというものだろう。

他にも当社は「酉の市」である「お酉様」の本社ともされている。
全国的に「大鳥神社/鷲神社(おおとりじんじゃ)」系の本社とされているのが、大阪府堺市にある「大鳥大社」。

但しこれは関西地方での本社とされており、関東地方では「鷲宮神社」こと当社が本社とされる事がある。
現在の「酉の市」の風習は江戸(花畑の「大鷲神社」や浅草の「鷲神社」)が発祥とされているため、関東地方で本社とされている当社が「お酉様」の本社とされるのも、事実に則した事だと思う。

そんな古来、人々より崇敬篤く格式の高い当社であるが、最近はアニメの聖地としても名高い。
当社をモデルとする神社がアニメ、漫画「らき☆すた」の舞台として登場。
主要キャラクターが巫女をしているという設定になっており、これにより当社だけでなく鷲宮の町全体が町おこしを行っており、ブームになったため、参拝者が急増した経緯がある。
アニメの舞台を「聖地」として「聖地巡礼ブーム」のきっかけを起こした1作品とも言えるだろう。

2007年に放映されたアニメのため、今ではそのブームも終息しつつあるが、それでも初詣などがあるとここ数年は47万人も集まるように、現在も人出が定着しており、成功を収めた町おこしの例だと思う。
境内の絵馬掛けにも綺麗な手描きイラストが描かれた絵馬が多数奉納されているので、見ているだけでも飽きない。

御朱印は拝殿向かいにある社務所(授与所)にて。
番号札を受け取り交換する形。
御朱印をお受けすると、由緒書きなどが書いてあるリーフレットの他に、「鷲宮神社」「笑門来福」と書かれたステッカーを一緒に頂く事ができ、これが何だか嬉しい。
オリジナルの御朱印帳も用意している。

現在ではアニメ聖地として有名になっている当社だが、古くより多くの権力者に崇敬され続けてきた歴史がある。
「関東最古の大社」「お酉様の本社」といった称号もしっくりくる雰囲気。
現在はアニメブームも落ち着いて、平日ならばゆったりと見て回る事ができる。
程よい広さの境内に厳かでよい空気感、身を引き締め清々しい気持ちにさせてくれる良社。
それでいて絵馬掛などからアニメ聖地としての存在感もあり、現代においても様々な層に崇敬され参詣する楽しみがある神社だと思う。

神社画像

[ 社号碑 ]

[ 鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]

[ 拝殿・本殿 ]

[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]

[ 光天之池(みひかりのいけ) ]

[ 久伊豆神社 ]

[ 八坂神社・八坂神輿殿 ]

[ 姫宮神社 ]

[ 力石 ]

[ 八幡神社 ]

[ 鹿島神社・神明神社 参道入口鳥居 ]

[ 石碑 ]

[ 鹿島神社 ]

[ 石碑 ]

[ 粟島神社 ]

[ 境内社 ]

[ 鳥小屋 ]

[ 神楽殿 ]

[ 神輿庫 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 社務所 ]

[ 案内板 ]

【Google Maps】