福徳神社(芽吹稲荷) / 東京都中央区

日本橋室町東地区の再開発によって再興された神社。三井不動産のCM。福徳村鎮守の稲荷社。徳川家康の参詣・徳川秀忠が「芽吹稲荷」と命名。幕府から富籤の興行が許可。浮世小路と百川楼。福徳の森・薬祖神社・ライトアップ・COREDO室町。御朱印。

小網神社 / 東京都中央区

強運厄除の小網町鎮守。東京銭洗い弁天。龍の彫刻が施された社殿。11月のどぶろく祭・強運厄除のみみずく。万福庵と網師の翁の伝承・稲荷社として創建。小網町の地名由来。江戸切絵図から見る当社と小網町。日本橋七福神・福禄寿。御朱印。御朱印帳。

杵築大社 / 東京都武蔵野市

恵比寿・大黒の二福神を祀る境村の鎮守。松江藩初代藩主・松平直政が「杵築大社(現・出雲大社)」を勧請して創建。境新田の開拓と境村の開村。戦後に恵比寿神を勧請。大きな富士塚・市天然記念物の千本銀杏。武蔵野吉祥七福神・恵比寿神。御朱印。御朱印帳。

八幡大神社 / 東京都三鷹市

下連雀鎮守。毎月1日と15日に書いて頂ける個性的な御朱印。下連雀の歴史・明暦の大火で神田連雀町の住人が移住。下連雀村の氏神として創建。二之宮神輿はかつてギネスブックに掲載。立派な境内・楼門。旧別当寺は太宰治の墓所がある「禅林寺」。御朱印。

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。江戸図に描かれた江戸九社。北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽であった目黒詣。切支丹灯篭。平成の御社殿保存修復事業。御朱印。

武蔵野八幡宮 / 東京都武蔵野市

吉祥寺総鎮守。9月の例祭と吉祥寺秋まつり・11月の酉の市。坂上田村麻呂によって井の頭池周辺に勧請。吉祥寺の歴史・明暦の大火と吉祥寺火事・吉祥寺門前の住民が当地に移住・吉祥寺村が開村。井の頭弁財天道標。武蔵野吉祥七福神めぐり・大黒様。御朱印。

牟礼神明社 / 東京都三鷹市

牟礼鎮守のお伊勢様。三鷹の一番高いところに鎮座。北条氏綱の家臣・北条綱種が築いた砦の陣中鎮護として創建。御神木・旗かけ松の伝承。後北条氏が滅亡し綱種の子孫が無礼村を開村・牟礼村へ改称。参道脇の石灯籠(巳待講)。社務所は仏滅は閉所。御朱印。

嶺天祖神社 / 東京都大田区

嶺の天祖神社。環八通り沿いに鎮座する小さなお伊勢様。都内で唯一の禰宜舞が行われる例祭。「伊勢神宮」に参拝した嶺村の村人によって創建。新編武蔵風土記稿に記された当社。明治維新後の歩み・地域の集いの場となる。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。

嶺稲荷神社 / 東京都大田区

住宅街の嶺稲荷児童遊園に鎮座する小さな稲荷神社。江戸後期の地誌『新編武蔵風土記稿』に記された当社。明治維新後の歩み。勤労奉仕による整備。戦後になり区立の児童遊園へ。鉄柵で保護された戦前の神狐像・小さな社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。

花畑大鷲神社 / 東京都足立区

酉の市発祥の神社。花畑(旧花又村)鎮守。酉年限定頒布の鷲掴み守。11月酉の日は酉の市・起源と歴史。源義光(新羅三郎)の伝承。義光の末裔とされる秋田藩主・佐竹氏からの寄進。見事な彫刻がある本殿は必見。立派な神苑を有する境内。御朱印。御朱印帳。

九重神社 / 埼玉県川口市

旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。

1 2 3 4 25