御朱印

横浜市

本牧神社 / 神奈川県横浜市

本牧十二天社と呼ばれた本牧総鎮守。ハマの奇祭「お馬流し」・お馬流し展示館。江戸湾に突き出した崖の麓に鎮座。十二天を祀り本牧十二天社と称された神仏習合時代。厄除けの神。戦後は米軍により社地を接収・平成になり現在地へ遷座。御朱印。御朱印帳。
大田区

磐井神社 / 東京都大田区

武蔵国八幡総社。延喜式内社。カラフルな月替り御朱印。狛犬をデザインした御朱印帳は2種類。鈴ヶ森八幡宮と称された江戸時代。磐井の由来となった井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石。子宝の象徴の狛犬。東海七福神・弁財天。笠島弁天社は万葉集に載る古社。
横浜市

北方皇太神宮 / 神奈川県横浜市

山手地域(旧北方村)鎮守の皇太神宮。平安時代後期に創建・伊勢山と称された高台。幕末に旧北方村が外国人居留地(現・山手地域)となる。山手と山下の地名由来。明治に現在地へ遷座。平成になって新造営された神明造の社殿。境内社の福徳稲荷神社。御朱印。
横浜市

元町嚴島神社(元町厳島神社) / 神奈川県横浜市

横浜元町鎮守の弁天様。源頼朝が創建したと伝わる関内厳島神社が起源。御朱印は平日のみの対応(土日祝は対応なし)。横濱村の鎮守であった清水弁天(横濱弁天社)。清水弁天と対となる杉山弁天と呼ばれた当社。横浜村の元住民による町・横浜元町の歴史。
港区

赤坂氷川神社 / 東京都港区

赤坂鎮守の氷川さま。東京十社。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の風情が残る境内。祭事や季節に応じた限定御朱印。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。縁むすび参り。忠臣蔵。四合(しあわせ)稲荷。古い狛犬や石灯籠。御神木の大銀杏。御朱印帳。
目黒区

碑文谷八幡宮 / 東京都目黒区

碑文谷鎮守の八幡さま。坂東武士の鑑と称された畠山重忠の守護神を祀る。碑文谷村と地名由来となった碑文石。桜並木が美しい参道は桜の名所。区内随一の賑わいを見せる9月の秋季例大祭。明治に再建された社殿・緑溢れる境内・子獅子が戯れる狛犬。御朱印。
渋谷区

渋谷氷川神社 / 東京都渋谷区

渋谷区南端一帯(旧下渋谷村・旧下豊澤村)総鎮守。月替り御朱印・毎月15日は縁結び御朱印・縁結び御朱印帳。江戸七氷川の1社に数えられる。渋谷最古とされる神社。江戸郊外三大相撲である金王相撲。江戸時代の一之鳥居。戦前の社殿。金王相撲跡の土俵。
横浜市

吾妻神社 / 神奈川県横浜市

本牧原一円の鎮守・お吾妻さま。小児の守り神・粟餅を供える風習。新田義貞の家臣・篠塚重広による勧請説。木更津の「吾妻権現」の御神体が流れ着いた伝承。珍しい砲弾狛犬(獅子山)。漁業関係者の名が多い玉垣。御朱印は本務社「お三の宮日枝神社」にて。
横浜市

お三の宮日枝神社 / 神奈川県横浜市

横浜開拓の守護神(関外総鎮守)。横浜の基礎を作った吉田新田の鎮守として創建。お三と呼ばれた女性の人柱伝説。お三の宮の由来。神猿が押された御朱印・千貫神輿の御朱印帳。横浜随一の千貫神輿・市内屈指の例大祭。山王鳥居。珍しい砲弾狛犬。堰神社。
目黒区

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。通常時も御朱印授与を再開・カラフル限定御朱印。葛飾北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽だった目黒詣・目黒三社。切支丹灯篭。
杉並区

阿佐ヶ谷神明宮 / 東京都杉並区

八難除で知られる阿佐ヶ谷鎮守。限定御朱印・刺繍入り御朱印・御朱印帳。レースブレスレット型御守の神むすび。三貴子を祀る御垣内三殿。能楽殿はBABYMETALのPVでも使用。日本武尊の伝承。御神体の霊石。江戸時代に当地へ遷座。阿佐谷七夕まつり。
横浜市

金刀比羅大鷲神社 / 神奈川県横浜市

酉の市で知られる横濱のお酉様。横浜橋通商店街の一画に鎮座。桂歌丸ゆかりの地。カラフルな月替り御朱印・歌丸桜の御朱印。横浜開港にあたり創建された金毘羅大権現。港崎遊郭の鎮守・浮世絵に描かれた遊郭と当社・遊郭と共に歩んだ歴史。吉原に倣う酉の市。
品川区

下神明天祖神社 / 東京都品川区

旧下蛇窪村の鎮守。藤原秀郷の末裔が開墾・春日社として創建。蛇窪村が分村し鎮守も分立・神明社となる。神明雅楽・記念御朱印も用意。ツール・ド・御朱印。手押しポンプ式の手水舎・品川区内最大の狛犬・樹齢600年以上の御神木。小市郎稲荷社。御朱印帳。
品川区

蛇窪神社(上神明天祖神社) / 東京都品川区

旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。カラフルな御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。蛇窪村分離の歴史。旧地名の保存とスネークタウン展開。己巳(つちのとみ)の日。龍神へ雨乞い祈願の伝説・当社に伝わる白蛇縁起。個性的で独特な造形物。荏原七福神・弁財天。
豊島区

池袋氷川神社 / 東京都豊島区

旧池袋村鎮守の氷川さま。戦国時代には成立していた池袋村・池袋の地名由来。縄文時代の遺跡・貝塚の発見。富士講の拠点となった池袋富士塚・7月1日に登拝可能。池袋本町の住宅街に鎮座・桜並木の参道。戦後に再建された社殿・平成の改修事業。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました