御朱印一覧

牟礼神明社 / 東京都三鷹市

牟礼鎮守のお伊勢様。三鷹の一番高いところに鎮座。北条氏綱の家臣・北条綱種が築いた砦の陣中鎮護として創建。御神木・旗かけ松の伝承。後北条氏が滅亡し綱種の子孫が無礼村を開村・牟礼村へ改称。参道脇の石灯籠(巳待講)。社務所は仏滅は閉所。御朱印。

嶺天祖神社 / 東京都大田区

嶺の天祖神社。環八通り沿いに鎮座する小さなお伊勢様。都内で唯一の禰宜舞が行われる例祭。「伊勢神宮」に参拝した嶺村の村人によって創建。新編武蔵風土記稿に記された当社。明治維新後の歩み・地域の集いの場となる。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。

嶺稲荷神社 / 東京都大田区

住宅街の嶺稲荷児童遊園に鎮座する小さな稲荷神社。江戸後期の地誌『新編武蔵風土記稿』に記された当社。明治維新後の歩み。勤労奉仕による整備。戦後になり区立の児童遊園へ。鉄柵で保護された戦前の神狐像・小さな社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。

嶺御嶽神社 / 東京都大田区

旧嶺村鎮守。嶺の御嶽山。木曽御嶽山関東第一分社。木曽御嶽山を信仰する木曽御嶽信仰。中興の祖・一山行者。彫刻が見事な江戸時代の社殿が現存。狼の狛犬。一山行者を祀る一山神社。大鳥神社・酉の市。杜の霊神水・霊神の杜。御嶽山駅の由来。御朱印。

花畑大鷲神社 / 東京都足立区

酉の市発祥の神社。花畑(旧花又村)鎮守。酉年限定頒布の鷲掴み守。11月酉の日は酉の市・起源と歴史。源義光(新羅三郎)の伝承。義光の末裔とされる秋田藩主・佐竹氏からの寄進。見事な彫刻がある本殿は必見。立派な神苑を有する境内。御朱印。御朱印帳。

九重神社 / 埼玉県川口市

旧安行村鎮守。安行のひかわさま。樹齢500年の御神木スダジイ。見開きの御神木御朱印や限定御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。平将門の伝承が残る地。密蔵院の僧により創建。合祀政策によって9社の村社が合祀され「九重神社」に改称。御朱印。御朱印帳。

御座石神社 / 秋田県仙北市

美の守護神を祀る田沢湖畔の神社。美貌成就の御神徳。辰子姫が美を求め龍となる・辰子伝説。景勝地として名高い田沢湖畔に立つ朱色の鳥居。辰子姫が飲み龍となった泉・潟頭の霊泉。秋田藩主・佐竹義隆が腰を掛け休んだ事から御座石。七色木・雨乞石。御朱印。

浮木神社(漢槎宮) / 秋田県仙北市

田沢湖畔に張り出すように鎮座。田沢湖に伝わる辰子伝説。美と縁結びスポット。大木の浮木を祀った事で浮木神社。秋田藩士の俳人・益戸滄洲によって漢槎宮と名付けられる。田沢湖のシンボルとなった舟越保武作たつこ像。日本一の水深・田沢湖。御朱印。

小野照崎神社 / 東京都台東区

学問・芸能の神である小野篁を祀る神社。上野の照崎の地に創建。寛永寺建立のため現在地に遷座。江戸時代に造営された社殿が現存。富士塚・下谷坂本富士。日本三大庚申・庚申塚。渥美清が願掛け『男はつらいよ』寅さんの大役を掴む。御朱印。御朱印帳。

新田神社 / 東京都大田区

新田義興を祀る神社。破魔矢発祥の地。カラフル御朱印・兜の御朱印帳。平賀源内『神霊矢口渡』の舞台。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。樹齢700年の御神木。義興の墳墓。石の卓球台などユニークな境内。多摩川七福神・恵比寿。御朱印。御朱印帳。

雉子神社 / 東京都品川区

旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村の総鎮守。目黒駅や五反田駅周辺の氏神。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家の庇護と葵紋。『必殺仕事人』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの舞台。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。荏原宮・大鳥明神と称される。御朱印。

1 2 3 4 23