御朱印

港区

幸稲荷神社 / 東京都港区

幸多きおやしろ・幸稲荷神社。氏子崇敬者に幸事が続いたので幸稲荷へ改称。東京タワーの鎮守。水をかけ願い事をすると熱病が癒える御祀石。幸稲荷神社と瘡護神社・二社の社号碑と扁額。特に参拝者が多かった瘡護神社・土団子の風習。タワー大神宮。御朱印。
新宿区

新宿十二社熊野神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が創建・熊野十二所権現を勧請。十二社(じゅうにそう)と呼ばれる由来。景勝地として浮世絵に描かれた当社・十二社池・熊野滝。角筈村鎮守。八咫烏と社殿や高層ビルの御朱印帳。酉の市。新宿中央公園に隣接。御朱印。
港区

芝東照宮 / 東京都港区

芝公園の一画に鎮座する芝東照宮。徳川将軍家の菩提寺「増上寺」に造営された安国殿が起源。徳川家光によって豪奢な社殿が造営。神仏分離で増上寺と分離。旧本殿は旧国宝に指定。三代将軍家光が植えた御神木の公孫樹。御朱印・道中安寧守。数多くの御朱印帳。
大田区

磐井神社 / 東京都大田区

武蔵国八幡総社。延喜式内社。カラフルな月替り御朱印。狛犬をデザインした御朱印帳は2種類。鈴ヶ森八幡宮と称された江戸時代。磐井の由来となった井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石。子宝の象徴の狛犬。東海七福神・弁財天。笠島弁天社は万葉集に載る古社。
川崎市

溝口神社 / 神奈川県川崎市

川崎の祈願所。古くは赤城大明神として創建。矢倉沢往還(大山道)・溝口宿総鎮守。明治の神仏分離で「伊勢神宮」より勧請して御祭神を変更。童子が支える江戸時代の水盤。戦前の社殿・扁額は東郷平八郎の揮毫。御朱印。御朱印帳。兼務社5社の御朱印も対応。
杉並区

天沼八幡神社 / 東京都杉並区

旧天沼村中谷戸鎮守の八幡さま。天正年間に創建。天沼の地名由来。明治になり厳嶋神社を合祀・天沼弁天池と弁天社。白系の鉄筋コンクリート造社殿。境内社の大鳥神社では酉の市も。荻窪駅の北側・通称八幡通りの先に鎮座。御朱印。美しい刺繍の御朱印帳。
大田区

大森諏訪神社 / 東京都大田区

旧大森村山谷の鎮守。大森のお諏訪さま。大森海岸へ着岸した御神体を祀り創。漁業の神。白蛇により祭礼には雨が降る伝承。江戸時代の鳥居。戦前に奉納された個性的な尻跳ねの狛犬。戦後再建の木造社殿には細かく美しい彫刻。境内社・諏訪神社下社。御朱印。
品川区

蛇窪神社(上神明天祖神社) / 東京都品川区

旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。カラフルな御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。蛇窪村分離の歴史。旧地名の保存とスネークタウン展開。己巳(つちのとみ)の日。龍神へ雨乞い祈願の伝説・当社に伝わる白蛇縁起。個性的で独特な造形物。荏原七福神・弁財天。
大田区

大森浅間神社 / 東京都大田区

旧大森村澤田の鎮守。大森唯一の浅間神社。安産子育ての守護神。江戸時代中期に富士講の隆昌によって創建。浮世絵で見る江戸時代の大森。戦火を免れた木造社殿・火防の御神徳。お隣には浅間幼稚園。環七沿いに鎮座。巾着に恩頼の朱印が押される御朱印。
大田区

新田神社 / 東京都大田区

新田義興を祀る神社。破魔矢発祥の地。カラフル御朱印・記念御朱印・兜の御朱印帳。平賀源内『神霊矢口渡』の舞台。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。樹齢700年の御神木。義興の墳墓。石の卓球台・LOVE神社。多摩川七福神・恵比寿。義興公の祟り。
港区

赤坂氷川神社 / 東京都港区

赤坂鎮守の氷川さま。東京十社。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の風情が残る境内。祭事や季節に応じた限定御朱印。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。縁むすび参り。忠臣蔵。四合(しあわせ)稲荷。古い狛犬や石灯籠。御神木の大銀杏。御朱印帳。
中央区

波除神社(波除稲荷神社) / 東京都中央区

築地鎮守の波除稲荷。「災難を除き、波を乗り切る」御神徳。限定御朱印・毎月7日の七福神参り・限定御朱印帳も用意。築地本願寺再建のために行われた築地の埋め立て。手水舎も兼ねた弁財天社・巨大なお歯黒獅子。獅子殿・日本一の厄除天井大獅子。吉野家碑。
港区

烏森神社 / 東京都港区

新橋烏森鎮守。カラフル御朱印の先駆け。心願色みくじなど豊富な授与品。烏森の由来・烏森稲荷と呼ばれた当社。平将門を討った藤原秀郷による創建。古河公方・足利成氏の祈願状。徳川将軍家や江戸庶民からの崇敬。近代建築の鳥居と社殿。御朱印。御朱印帳。
品川区

品川貴船神社 / 東京都品川区

南品川宿の枝郷・三ツ木(西品川)の鎮守。龍の姿の御朱印。龍神(水神)を祀る神社として創建・荏原神社の旧鎮座地。遷座によって荏原神社と分立。江戸時代は品川神社の管轄。品川鎮守の荏原神社と品川神社・当社との関係。社頭の布袋尊像。江戸時代の道標。
目黒区

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。御朱印は正月/例大祭/酉の市に授与。葛飾北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽であった目黒詣・目黒三社。江戸九社。切支丹灯篭。
タイトルとURLをコピーしました