下神明天祖神社 / 東京都品川区

神社情報

下神明天祖神社(しもしんめいてんそじんじゃ)

御祭神:天照大御神・応神天皇・天児屋根命
社格等:村社
例大祭:9月中旬
所在地:東京都品川区二葉1-3-24
最寄駅:下神明駅・大井町駅・西大井駅
公式サイト:http://shimo-shinmei.jp/

御由緒

江戸中期に編纂された幕府官撰地誌『新編武蔵風土記稿』には上下の神明社勧請の年暦は不明とある、御神木であるカヤは樹齢600年を超えており社も室町時代には在ったと想される。同風土記稿中の「正保年中改定図」に下神明の元である下蛇窪の記が始めて見られることから正保元年の前年である1643年に上下の村が分かれたとして昭和五十八年に両社で340年祭が斉行され、以降十年毎に式年大祭が行われている。当社が現御祭神を迎え神明社として鎮座したのは分立時に流布していた伊勢・八幡・春日の三神を祀る三社託宣信仰に依る。現在では区内最大の御神木、最大の狛犬、最長の参道などを有し神社を中心に雅楽の稽古が盛んに行われるなど伝統文化継承にも力を入れている。
明治七年四月二日 無格社より村社に昇格
明治四十二年十二月十二日 無格社稲荷社が境内に併合
昭和四十七年四月八日 現御社殿建立(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/06/26(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/09/06(御朱印拝受)
参拝日:2015/07/23(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※現在は行われていないが、2016年9月1日より2016年内は熊本復興を祈願した限定御朱印(初穂料は全額熊本へ送金)を頂けた。(詳細:公式ブログ

[2017/06/26拝受]
(通常御朱印)

[2016/09/06拝受]
復興御朱印(熊本地震復興祈願御朱印)

[2015/07/23拝受]御朱印(通常御朱印)

歴史考察

旧下蛇窪村の鎮守の天祖神社

東京都品川区二葉に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧下蛇窪村の鎮守。
蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分村した際に、各鎮守として「上神明天祖神社」と当社に分社した歴史を持つ。
正式名称は「天祖神社」だが、他との区別から「下神明天祖神社」とさせて頂く。
下神明駅の駅名由来にもなった神社。

蛇窪村が上下に分村し鎮守も分立

社伝によると、創建年代は不詳。
蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分村した際に、当社も分かれたものと推測される。

蛇窪村には古くから「神明社」が鎮座。
村の鎮守として崇敬を集めていた。

正保年間(1644年-1647年)、蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分村。
「神明社」が、上蛇窪村鎮守として「上神明天祖神社」、下蛇窪村鎮守として当社「下神明天祖神社」に分かれたとされる。

当社と「上神明天祖神社」は元は同一村の同一神社で分立したと云える。御祭神も伊勢・八幡・春日の三神で共通である
旧上蛇窪村鎮守。東京の白蛇さま。カラフルな御朱印・限定御朱印・白蛇御朱印帳。蛇窪村分離の歴史。旧地名の保存とスネークタウン展開。龍神へ雨乞い祈願の伝説・当社に伝わる白蛇縁起。個性的で独特な造形物。荏原七福神の弁財天。御朱印。御朱印帳。
当社では御神木であるカヤの木が樹齢600年を超えている事から、室町時代以前の創建と推測している。
上神明天祖神社」の御由緒には、蛇窪村が分離する前の伝承が記されている。
元亨二年(1333)に大旱魃(かんばつ)が発生し、「厳正寺」の僧侶が北西にある古池のほとりにある「龍神社」の龍神へ雨乞いの断食祈願したところ、大雨が降ったため飢饉を逃れる事ができたため、これに感激した北条時千代(北条重時の五男)の旧臣らが蛇窪村に「神明社」として祀ったというのが始まりであると云う。

どちらが分村する前の蛇窪村の鎮守「神明社」であったかは不明であるが、どちらも同じ御祭神であり、元々同一の神社であった事は間違いなく、分村以前からどちらにも分社として鎮座していた可能性もある。

新編武蔵風土記稿から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(下蛇窪村)
神明社
除地四畝二十三歩。村の東の方にあり。本社は六尺に九尺。拝殿二間に二間半。村の鎮守なり。勧請の年代をしらず。祭礼九月十六日。東光寺持なり。
稲荷社
除地一畝二十一歩。同所にあり。是も東光寺持なり。

下蛇窪村の「神明社」が当社である。
村の東にあり、下蛇窪村の鎮守である事が記されている。
別当寺は「東光寺」(現・品川区二葉1丁目)であった。

「稲荷社」は現在の境内社になる。
「同所にあり」と記されており、当時は別々の神社の扱いであったようが、隣接して鎮座していた。

旧別当寺の「東光寺」は現在も当社の近くにあり、現在は荏原七福神の毘沙門天を担っている。

明治以後の歩みと戦後の再建

明治になり神仏分離。
明治七年(1874)、村社に列している。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行に伴い、中延村・戸越村・小山村・上蛇窪村・下蛇窪村と谷山村飛地が合併し、平塚村(後の荏原町)が誕生。
当地は平塚村下蛇窪となる。

昭和七年(1932)、荏原区が成立する際に、上蛇窪と下蛇窪はそれぞれ上神明町と下神明町へ改称されたため、当地は上神明町となる。

これは「蛇窪」の地名を忌み嫌ったためであり、詳しくは後述。

明治四十二年(1909)、稲荷社が境内に併合。
『新編武蔵風土記稿』に記されていた稲荷社の事で、当時から当社に隣接していた。

明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが当社で、現在の鎮座地と同じ場所に鎮座しているのが分かる。
明治の地図には「上蛇窪」「下蛇窪」というように、蛇窪の名が残っている。
当地一帯が古くから「蛇窪」と呼ばれ、それが昭和初期までは続いていた。

昭和四十八年(1973)、社殿が再建。
これが現在の社殿である。

その後も境内整備が進み現在に至っている。

蛇窪の地名廃止と下神明駅の駅名由来

最寄り駅でもある「下神明駅」の駅名は当社が由来となっている。

昭和二年(1927)、現在の大井町線が開業。
当時の「下神明駅」は「戸越駅」という名で開業している。

現在の「戸越駅」とは別の駅。

昭和十一年(1936)、「戸越駅」が「下神明駅」に改称して現在に至っている。
同年、同路線の「蛇窪駅」が「戸越公園駅」に改称されており、蛇窪の地名が公式からほぼ消える事となる。

この「蛇窪」という地名は、過去の資料を見るに、東京に編入するタイミングで、都市の名として不適当とする動きがあったようで改名に至り消滅した事が分かる。

昭和七年(1932)、当地域が当時の東京市に編入されるという議論がされている中、町会議員がとある建議書を提出している。

荏原町大字『上蛇窪』『下蛇窪』と公称せる字名称を改称せんとす。

建議書の概要:蛇窪のような都市には相応しくない地名は、蛇を嫌う国民性から不適当のため、東京市に編入される機会に改名を希望する。

結果、町議会によって蛇窪の地名は消され、「上蛇窪を上神明町」「下蛇窪を下神明町」とした。
神明の町名はそれぞれに「天祖神社(神明社)」があったため、縁起のよい名前をつけたという事になるのだろう。

この上神明町・下神明町も町名整理によって10年足らずで消滅して、現在の二葉になってしまい、かろうじて駅名に「下神明駅」が残されるのみとなっている。

上述したように「蛇窪駅」も「戸越公園駅」に改称されたため、現在は蛇窪の地名はほぼ残っていない。

境内案内

長い参道・手押しポンプ式手水舎

下神明駅からやや南下した住宅街に鎮座。
社号碑には「鎮守天祖神社」の文字。

一之鳥居を潜ると比較的長い参道となっている。
参道左脇は月極駐車場として使用されている。

参道を進むと二之鳥居。
両脇に狛犬が置かれている。

二之鳥居を潜って左手に珍しい手水舎。
はレトロな手押しポンプ式となっているのが面白い。
現役で使用できポンプを押す事で水が出る仕組みとなっている。
手水石が亀の形をしているのも珍しい。
平成二十七年(2015)までは、通常の手水舎も置かれていたのだが、そちらは撤去されて、以前より併設されていた手押しポンプ式の手水舎が整備された。

手水舎の隣には新たにサイクルラックが設置。
栃木県鹿沼市の鹿沼自転車応援団のロゴが入ったもので、当社の神職と関係が深い様子。

鹿沼市の「古峯神社」には、当社の神職が例祭時に雅楽を奉じたりと関係が深い。社務所には鹿沼自転車応援団のサイクリングマップも置かれている。
天狗の宿。天狗のアートな御朱印。古峯講中。日光発祥の地・古峯ヶ原。巨大な大鳥居・茅葺屋根社殿。御朱印。御朱印帳。

品川区内最大の大狛犬

社殿の前には二対の大きな狛犬。
品川区内最大の狛犬で、昭和八年(1933)に奉納されたもの。
立派な狛犬で氏子からの崇敬の篤さを感じさせてくれる。
阿吽共に良い表情。

狛犬の先に社殿となるが、この日は夏越大祓に向けて茅の輪の設置準備がされていた。
季節や神事に合わせ、しっかりと境内が整備される。

戦後に再建された社殿・境内社の稲荷社

参道の正面に社殿。
社殿は昭和四十八年(1973)に再建されたもの。
神明社らしい神明造りの社殿となっている。
鉄筋コンクリート造によって再建された。

社殿の左手に境内社の稲荷社。
明治四十二年(1909)に当社境内に遷座された稲荷社。
元々は当社に隣接した独立した神社であった事が、『新編武蔵風土記稿』に記されている。

樹齢600年以上の御神木・斎田など

この稲荷社の右手には斎田が整備。
穀物・食物の神であるお稲荷様の隣に小さいながらも斎田が用意されているのが素晴らしい。
収穫した稲穂は例大祭の神饌として本社や稲荷社に献上される。

境内左手には御神木である榧(かや)の大木。
榧としては品川区内最大の大きさだと云う。
樹齢は600年以上とも推定され、品川区保存樹・第三号に指定されている。

他に境内には神楽殿も。
平成二十八年(2016)に入ってから、上述の手押しポンプ式手水舎が整備されたように、境内がいくつか整備されており、各所に説明書きの立て札が立つようになった。
各所にこうした説明書きがあると参拝する身としては実に有り難い。

2016年には熊本地震復興祈願御朱印も

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂ける。

通常御朱印の他に、2016年9月1日より2016年内まで「熊本地震復興祈願御朱印」の授与していた。
image年明けに全額熊本へ送金された。(現在は受付終了している)

こうした試みは非常に素晴らしいと思う。昨今の御朱印ブームの中で、様々な神社が御朱印を使い色々な展開を初めている中、こうした展開というのは今までありそうであまりなかった展開。神社側の姿勢が伝わってくる素敵なアイディアではないだろうか。

授与所には、「古峯神社」へ繋がる鹿沼自転車応援団のサイクリングマップが置かれていたりと、当地氏子地域のみならず、各地域への盛り上げに一役買っている。

所感

旧下蛇窪村の鎮守だった当社。
元は「上神明天祖神社」と同一の神社であり、村の分村と共に分立した歴史となっている。
上神明天祖神社」は蛇窪大明神を称し、カラフルな御朱印や限定御朱印、さらには蛇窪の旧地名と白蛇縁起によって地域ぐるみで盛り上げようという意気込みを感じ、一部の参拝者からも人気の高い神社となっているのだが、こちらは実直に鎮守として崇敬を集めている印象。
その中でも境内整備が行われ、手押しポンプ式の手水舎や案内立て札が各所に立ったりと、色々な努力も伺えるし、長い参道や大きな狛犬、斎田など見どころも多い。
また「熊本地震復興祈願御朱印」といった御朱印へのアイディアもとても素敵であった。
地域からの崇敬を集める素晴らしい鎮守だと思う。

神社画像

[ 一之鳥居・社号碑 ]

[ 参道 ]

[ 二之鳥居 ]


[ 狛犬 ]


[ 手水舎 ]



[ サイクルラック ]

[ 参道 ]

[ 大狛犬 ]



[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 稲荷社 ]



image
[ 斎田 ]


[ 御神木(榧) ]




[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 石碑 ]

[ 茅の輪(製作中) ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google