戸越八幡神社 / 東京都品川区

神社情報

戸越八幡神社(とごしはちまんじんじゃ)

御祭神:誉田別命
社格等:村社
例大祭:9月第2土曜・日曜
所在地:東京都品川区戸越2-6-23
最寄駅:戸越駅・戸越銀座駅・戸越公園駅
公式サイト:http://togoshihachiman.jp/

御由緒

 当社は、後柏原天皇の御世、大永六年(1526)八月十五日、村内藪清水の池中より出現した御神像を、行永法師が草庵に奉安して、山城国(京都府)石清水男山八幡宮の御分霊を勧請して倶に祀ったのが創立の起源と伝えられている。
 又、古歌に『江戸越えて 清水の上の成就庵 ねがひの糸のとけぬ日はなし』とあり、これが戸越の地名のはじまりとも伝えられている。
 [寛永年間刊行の木版本]によれば、この「成就庵は、昔、俗称一本杉の字名のある藪清水の池を控えた庵であった。大永年間に行永法師が諸国行脚をした時にこの庵に立ち寄り、折からの十五夜の月を眺め、時を移しうたた寝した時、夢の中で輝く光が藪清水の池から放たれているのを見たことから、池の中を探し、誉田別命(応神天皇・八幡大神)の御神体の出現を見たので、慎み戴いて草庵に安置奉った。すると近隣の人々はもとより、往来の諸人も諸祈願を乞い願うものが多くなり、『一つとして成就せずということなし』と云われる程になったことから、この草庵を清水の上の成就庵という。」と記されている。
 元禄元年(1688)十二月十五日に、宮居を村内の高台にあたる現在の地に遷し、末社に、春日社、稲荷社を建立した。以来、氏子地域(旧戸越村・中略…氏子地域が多数書いてある)の産土神として、居住された幾代もの人々の守り神として、又、我が国文教の祖・殖産の守護神として遍く崇められている。そして厄除け海運の御神慮と供に「こころの故郷」としても親しまれている。境内の樹木は品川区の保存樹木に指定され、特にケンポナシの木は指定天然記念物とされている。
 現社殿は欅造入母屋造銅版瓦屋根で安政二年(1855)に創建され、震災、戦災にも免れ都内でも古い木像の建物である。又、社宝の奉納絵馬二十四面と石造狛犬は品川区認定文化財に指定されている。
 御本社宮神輿は平成の御大典紀念として、氏子諸氏の奉賛により新調され、御神行祭には【敬神崇祖】の精神にて御祭神並びに我々祖先の御霊を奉安して氏庫内を渡御いたします。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2018/06/01(御朱印拝受)
参拝日:2017/01/01(御朱印拝受)
参拝日:2016/12/20(御朱印拝受/御朱印帳拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/07/18(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/05/26(御朱印拝受)
ほぼ毎月

御朱印

初穂料:300円(通常)・500円(限定)・800円(一部限定)
授与所にて。

御朱印情報
毎日授与「通常御朱印」(300円)
毎日授与「青海波御朱印」(500円)
月初めの1日に授与「月一限定御朱印」(500円)
毎週日曜日に授与「月替りの週一御朱印」(500円)
書き置きにて見開き御朱印を複数用意(500円)
お清め塩付き月2回ほどの日限定御朱印(800円)
平日はその週の日曜日に授与したものが残っている場合に授与となる。

[2018/06/01拝受]
(青海波御朱印)

[2018/06/01拝受]
(月一限定御朱印)

[2017/01/01拝受]
(2017年元日限定御朱印)

[2016/12/20拝受]
(通常御朱印)

[2016/07/18拝受]
(2016年夏限定御朱印)

[2016/07/18拝受]
(2016年夏限定御朱印)

[2015/05/26拝受]
(旧御朱印)

御朱印帳

初穂料:1,500円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
2016年12月中旬頃より頒布を開始したもの。
カラフルな御朱印同様に右上に社紋が入り、成就庵の古歌と神輿渡御の様子がデザインされていて、透明の防水カバーも一緒についてくる。(旧御朱印帳)
※現在は、表面に当社の境内、裏面に青海波と社号をデザインした御朱印帳を新たに頒布開始。

[ 表面 ]

[ 裏面 ]

[ 新御朱印帳 ]

授与品・頒布品

鶏徳開運御幣+元日限定御朱印セット
初穂料:1,000円
社務所にて。

酉年(2017年)の鶏徳開運御幣と元日限定御朱印のセットでの頒布品。
限定300体の頒布。

歴史考察

江戸越えのお宮・戸越鎮守の八幡さま

東京都品川区戸越に鎮座する神社。
旧社格は村社で、戸越の鎮守。
正式名称は「八幡神社」であるが、他との区別のため「戸越八幡神社」とさせて頂く。
当社の起源となった「成就庵」が「戸越」の由来であり、戸越の地名由来の神社ともされる。
社殿は江戸時代のものが改築されつつ現存。
近年は様々な限定御朱印などを用意している事で知られ、一部で人気を博している。

室町時代に八幡神を祀った草庵

創建は、大永六年(1526)と伝わる。

諸国を行脚していた行永法師という僧が、村内にある藪清水の池中より誉田別命(応神天皇・八幡大神)の御神体を発見したため、草庵を作り奉安。
更に山城国「男山八幡宮(現・石清水八幡宮)」(京都府八幡市)から分霊を勧請して、共に祀ったのが始まりと云う。

当時は草庵に祀られており、まだ神社としての形を成してなかったと見られる。

草庵(そうあん)とは、藁・茅などで屋根をふいた小さい家の事。

戸越の地名由来となった成就庵

当社の起源となったこの草庵は、地域からの崇敬が大変篤く、この草庵に人々が祈願するとたちまちに叶うと云われたため「成就庵」と呼ばれた。

このたちまちに願いが叶うと云う評判を歌った古歌が伝わる。

江戸越えて 清水の上の成就庵 ねがひの糸の とけぬ日はなし

「成就庵」を詠んだとされる古歌であり、これが「戸越」の地名由来とされる。
当社にもその旨を記した石碑が建っている。
この歌で詠まれているように、当地は「江戸越え」の村であった。

これが転じて、江戸越(えどごえ)→戸越(とごえ)→戸越(とごし)となり現在の「戸越」の地名の由来となった。
「成就庵」は現在の鎮座地とはやや違った場所にあり、近隣(現・品川区平塚3丁目)にある「一本杉元八幡宮」が「成就庵」があった地だと云う。現在は小さな祠のみが祀られている。

別当寺・行慶寺によって八幡宮の建立

文禄元年(1593)、「行慶寺」(現・品川区戸越2丁目)の念誉上人が、「成就庵」のある場所に「八幡宮」を建立。
八幡大菩薩の御神体を奉安し、本地仏の阿弥陀如来と共に祀ったと云う。

本地仏(ほんじぶつ)とは、日本の八百万の神々は、様々な仏が化身として日本の地に現れた権現であるという「本地垂迹(ほんじすいじゃく)」の考えの中で、神の正体とされる仏を本地仏と呼んだ。

「成就庵」という草庵が、神社の体裁を整える事となる。
「行慶寺」は「八幡山成就院」を号し、当社の別当寺であった。

元禄元年に現在地へ遷座・新編武蔵風土記稿から見る当社

元禄元年(1703)、「行慶寺」の覚誉上人によって、現在の鎮座地へ遷座。
戸越村の鎮守として崇敬を集めた。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(戸越村)
八幡社
除地二段五畝十五歩。村の東にあり。神体は木像にて長五寸許の坐像なり。村内字藪清水と云所より出現すと云傳ふ。勧請の年月詳かならず。村の鎮守にて毎年九月二十八日神楽を奏す。 本社九尺四方前に拝殿あり、四間に二間半。それより二町許の間は雨側に松杉の並木連り、其中央に石の鳥居をたつ。行慶寺別当せり。

戸越村の鎮守であり、別当寺が「行慶寺」であった事が記されている。
藪清水より御神体が出現した事も記されており、これが上述の「成就庵」となる。
社殿の大きさが現在とほぼ変わらないため、この頃の社殿が改築されながら現存していると見られている。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

当社と別当寺「行慶寺」を描いたもの。
「本社」と描かれているのが当社となり、別当寺と現在も位置関係もほぼ変わらない。
現在も同様に長い参道があり境内の規模もあまり変わっていない。

(江戸名所図会)

当社の社殿を中心に拡大したのが上図。
当社の社殿は約200年以上前に建立され、安政二年(1855)に改築(再建)されたものとされており、そのためここに描かれているのは改築前の社殿と思われる。

左右に境内社が鎮座していて、これは現在も祀られている稲荷社と春日社であろう。

明治以降の歩み・多くの境内整備

明治になり神仏分離。
当社は戸越村の鎮守として村社に列した。

明治二十二年(1889)、町村制施行により、戸越村・下蛇窪村・上蛇窪村・小山村・中延村の全域と、谷山村の一部(残部は大崎村に編入)が合併して平塚村が成立。
戸越村は平塚村戸越となる。(平塚村は後に荏原町、荏原区と改称し、品川区と合併する)

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
平塚村という地名や、戸越という地名も見る事ができる。
当時は当社周辺を「八幡前」と呼んでいたようで、これは当然当社に由来する地名であろう。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
関東大震災後、銀座から貰い受けたレンガで再興し戸越銀座が形成される。
こうして関東有数の商店街もでき、当社氏子区域の人口も爆発的に増えていく。

昭和四年(1929)、神楽殿が再建。
昭和二十年(1945)、東京大空襲では戸越一帯は多くの被害を受けたものの、当社の社殿は、関東大震災や東京大空襲といった震災や戦災からも免れている。

昭和四十年(1965)、手水舎が再建。
昭和四十一年(1966)、境内社の稲荷社と春日社が再建。

その後も境内整備が進み現在に至る。

現在の氏子地域は戸越(戸越1-4丁目)だけでなく、小山台1・2丁目、小山1-3丁目、荏原1・2丁目、平塚1-3丁目、豊町1・2丁目、西品川1丁目一部となっており、旧戸越村一帯の鎮守となっている。

境内案内

緑に囲まれた参道・がまんさんが支える手水舎

最寄駅の戸越駅からは徒歩3分ほど、戸越の住宅街の一角に鎮座。
戸越銀座商店街からも程近く、文庫の森や戸越公園といった広い公園も近いため、当社に立ち寄る地域の方々も多い。
社号碑には「村社 八幡神社」の文字。

鳥居を潜ると鬱蒼とした緑溢れる参道が続く。
『江戸名所図会』にもこうした参道が描かれており、現在も江戸時代の境内を残しているのが分かる。
参道の途中には旧別当寺「行慶寺」へ繋がる西鳥居。

比較的長い参道の右手に手水舎。
この手水舎、水盤をよく見てみると水盤を支える4体の石像の姿を見る事ができる。
いわゆる「がまんさん」などと呼ばれるもの。
目立たぬが忘れずに見ておきたい。

震災や戦災を免れた江戸時代の社殿

社殿は今から200年以上前に建立されたと見られている。
安政二年(1855)に改築された社殿が、幾度かの改築を経て現存。
欅造入母屋造の社殿で実に素晴らしい。
風格のあるとてもよい社殿。
拝殿には精緻な彫刻が彫られており、実に見事なもの。
躍動感のある龍の彫刻。
状態よく維持されていて素晴らしい。

本殿も同様に改築されたもの。
拝殿同様に精緻な彫刻が施されている。
こうして状態よく維持されているのも氏子崇敬者による崇敬の賜物であろう。

なお、現在は社殿の改修のための奉賛を募集している。
長い年月をかけて改修が行われる予定となっている。

拝殿の両脇には末社。
左手にあるのが稲荷社。
右手にあるのが春日社で、いずれも昭和四十一年(1966)に改修された。

当社が現在地に遷座した時から末社として祀られていたようで、『江戸名所図会』にもその姿を見ることができる。

江戸時代の狛犬・力石など戸越の歴史を伝える境内

拝殿前には一対の狛犬。
延享三年(1746)に奉納されたもので大変古い。
品川区内で最も古い狛犬とされ、戸越村の村民達によって奉納されたもの。

参道脇にも一対の狛犬。
玉持ちの狛犬。
子持ちの狛犬で睨みを効かせている。

境内右手に忠魂社。
その右手に立派な神輿庫。
そして神楽殿と並ぶ。
昭和四年(1929)に再建された神楽殿で、神輿渡御の様子が描かれている。
現在も3年ごとに神輿渡御が行われている。

参道脇には力石。
image江戸時代には例祭になると当社でも奉納相撲が行われたと伝えられており、氏子衆が力比べに使った力石。

数多くのカラフルな御朱印・限定御朱印・御朱印帳

御朱印は授与所(社務所)にて。
最近は御朱印にも力を入れるようになり、一部の集印家の間では人気が高い。

現在は授与所の前に、頂きたい御朱印を番号で記入する場所が設けられている。
こちらに多くの御朱印が展示されているのでご覧になるとよい。

希望の御朱印の番号を専用の紙に書き、取り間違えのないよう名前などを記入して、授与所に提出する形。

御朱印は大変多くの種類を用意。
通常のもの、1日限定のもの、月替りなど多数。
書き置きの見開きのものも多く用意していて、かなり力を入れている。
更には日限定の御朱印も用意。

2017年以降の御朱印授与の仕様は以下の通り。

基本的には御朱印を授与する日を設定して、その日のみの授与という形になる。
授与日以外は書き置きでの対応となる。

御朱印の種類は以下の通り。

御朱印情報
毎日授与「通常御朱印」(300円)
毎日授与「青海波御朱印」(500円)
月初めの1日に授与「月一限定御朱印」(500円)
毎週日曜日に授与「月替りの週一御朱印」(500円)
書き置きにて見開き御朱印を複数用意(500円)
お清め塩付き月2回ほどの日限定御朱印(800円)
平日はその週の日曜日に授与したものが残っている場合に授与となる。

このように通常御朱印以外の種類が豊富となっており、拝受できる日が決まっている。
それ以外の日は基本的に限定御朱印の拝受はできない(書き置きあり)ので注意したい。

挟み紙も趣があって素敵な仕様。(画像右)
御朱印を待つ間(混雑時を除く)にはお茶や茶請けも出して頂ける。
右は「青海波御朱印」で、左は月初めの1日に授与「月一限定御朱印」。

豊富な御朱印の種類や仕様変更など、賛否両論あるとは思うが、こうした御朱印での初穂料は全て社殿改修に使うために行っている事であり、昨今の神社運営の厳しさの中、御朱印ブームに乗じてそうした費用を賄う事も必要なのかもしれない。

2016年12月中旬からはオリジナルの御朱印帳も頒布開始。
カラフルな御朱印同様に右上に社紋が入り、成就庵の古歌と神輿渡御の様子がデザイン。
現在は新しいデザインの御朱印帳が頒布されていて、こちらも人気が高く品切れになる事も多い。

2016年7月からは都営浅草線沿線の八社によって「東京福めぐり 開運八社さんぽ」も開催。
人気の神社の中に当社も参加しており色々努力されているのが伝わる。

ソファーが置かれた境内・境内では様々な地域イベントも

境内にはソファーが置かれているのが個性的。
以前よりベンチが設置されていたが、ソファーも用意されるように。
御朱印待ちをする参拝者が多い事から、お茶や飲めるようになっていたり、本などが置かれていたりと工夫が凝らされている。

以前からこうした参拝者向けの整備が行われていたが、近年になってよりその傾向が強くなり、個性的にもなっている。

参道には氏子崇敬者による奉納で様々な展示も。
こうした境内整備も崇敬の賜物であろう。
以前の趣のある境内もとても好きであったが、今は賑やかな境内となっている。

また境内では定期的に地域イベントも開催。
品川区後援の戸越地域イベント「togoshi八満マルシェ」など。
こうした地域と密に関わったイベントが行われるのも面白い。

昨今の厳しい神社運営において、こうした努力は素晴らしい事に思う。

所感

戸越の鎮守である当社。
江戸時代の社殿が残っており、境内も当時の様子をかなり残しているのが素晴らしい。
戸越の地名由来を起源にもち、戸越と大変の繋がりが深い鎮守であり、今もなお多くの人々からの崇敬を集めている。
朝に参拝すると氏子の方が掃除している様子や、境内で猫に餌をあげてる姿などもお見かけし、日中は社務所内で習い事が行われたり、地域の子供達が遊ぶ姿も見ることができる。
地域に親しまれ愛される鎮守なのが伝わる。
最近は境内整備によって趣がある境内から、賑やかな境内に変貌を遂げている印象で、これは御朱印にも力を入れるようになり、氏子以外の参拝者も増えた事が要因であろう。
賛否がある要素もあるが、参拝者を配慮した心遣いなど色々な努力を感じる神社。
当社の素晴らしさを感じたい場合は、ぜひ御朱印授与日以外にも参拝してもらいたい。
普段は静かで心地よく地域の方に愛される良い神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]



[ 参道 ]


[ 西鳥居 ]

[ 手水舎 ]



[ 狛犬 ]


[ 参道 ]

[ 拝殿 ]










[ 本殿 ]


[ 稲荷社 ]

[ 春日社 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 狛犬 ]



[ 展示物 ]


[ 神楽殿 ]




[ 神輿庫 ]

[ 忠魂社 ]

[ 百度石 ]

[ ソファー・ベンチ ]




[ 石碑 ]

[ 授与所 ]

[ 御朱印展示 ]

[ 社務所 ]

[ 力石 ]
image
[ 案内板 ]




Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google