小網神社 / 東京都中央区

神社情報

小網神社(こあみじんじゃ)

御祭神:倉稲魂神・市杵島比売神・福禄寿
社格等:村社
例大祭:5月28日(5年に1度宮神輿渡御)・11月28日(どぶろく祭)
所在地:東京都中央区日本橋小網町16-23
最寄駅:人形町駅・水天宮前駅・茅場町駅・三越前駅
公式サイト:http://www.koamijinja.or.jp/

御由緒

 武蔵国豊島郡入江のあたりに万福庵という観世音と弁財天とを安置する庵がありました。この庵は恵心僧都の開基で、観世音と弁財天も僧都の作と伝えられています。開基の年代は明らかではありませんが、恵心僧都の歴史を考えれば、今からおよそ一千年前ということになります。
 文正元年(西暦1466年)、庵の周辺で悪疫が流行し、人々は困り果てていました。そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って庵を訪れ、数日間をこの庵で過ごしました。ある夜、庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅することを告げます。 夜が明け、網師翁の姿は庵にはありませんでしたが、庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、神社を創建して日夜祈願をつづけました。すると間もなく村の悪疫は鎮まり、村人たちは歓喜したといわれています。
 領主・太田持資公(道灌)も、この御神徳を聞き、折に触れて、当神社を詣でました。そして土地を寄附し、小網山稲荷院万福寿寺と名づけたと伝えられています。慶長年間(西暦1596~1615年)には、これらにちなみ周辺地域が小網町と名づけられ、当神社を氏神と崇めました。
 明治維新後の神仏分離令によって社寺は分離、小網稲荷神社として明治6年7月5日、村社に指定されました。現社殿・神楽殿は、大正期の明治神宮造営の工匠長・内藤駒三郎宮大工一門により、昭和4年に造営されました。その後の戦禍を免れ、現在は日本橋地区に残されている唯一の木造檜造りの神社建築となっています。特に、向拝に施された「昇り龍」と「降り龍」の彫刻は見事なもので、「強運厄除の龍」として拝されています。戦後の宗教法人化に伴い、名称は「小網神社」となりました。社殿・神楽 殿などは現在、中央区の文化財に登録されています。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2017/12/12

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※小網神社、弁財天、福禄寿(500円)の3種類の御朱印あり。
※例大祭やどぶろく祭など各種祭典時に限定御朱印あり。

御朱印帳

初穂料:2,000円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
龍をデザインしたもので、赤、青、黒、金の4色。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

歴史考察

強運厄除や東京銭洗い弁天で知られる神社

東京都中央区日本橋小網町に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧小網町の鎮守。
江戸時代までは「万福寺(長寿院)」の境内社で神仏習合のもとで崇敬を集めた。
小網町(現・日本橋小網町)の地名由来は当社にあると伝わる。
現在は「強運厄除」の御神徳で知られ、境内には東京銭洗弁天が置かれ、日本橋七福神の福禄寿も担う。
11月28日の祭は「どぶろく祭」と呼ばれ、当日に頒布される「みみずく」は強運厄除の授与品として大変な人気となっている。

万福庵と網師の翁の伝承・稲荷社として創建

社伝によると、文正元年(1466)に創建と伝わる。

当地には古くから恵心僧都の開基と伝わる「万福庵」と云う寺院があったと云う。
観世音菩薩と弁財天を祀っていたとされ、後に「万福寺」と号する。

恵心僧都(えしんそうず)は、源信(げんしん)と云う高僧の尊称。平安時代中期の僧で寛仁元年(1017)に入滅したとされる。この事から「万福庵」は平安時代中期に創建したと推測される。

当社の創建には、この「万福庵」と「網師の翁」と呼ばれる人物の伝承が伝わっている。

文正元年(1466)、「万福庵」の周辺で悪疫が流行。
そうした中、網師の翁が海上で網に掛かった稲穂を持ち「万福庵」を訪問し、数日滞在。
すると「万福庵」の庵主の夢枕に、恵心僧都が現れ「網師の翁を稲荷大神として崇めるように」と告げたため、翌朝になって翁を訪ねると、既にその姿はなかった。
そこで網師の翁を「小網稲荷大明神」として祀ったところ、暫くして村の悪疫が鎮まったと云う。

この網師の翁を小網稲荷大明神として祀った「小網稲荷社」が当社であり、「万福庵」の中に祀られた境内社のような扱いだった事が伺える。

太田道灌による小網山稲荷院万福寺の命名

その後、こうした御神徳を聞いた領主・太田道灌が「万福庵」と当社を参拝。
土地を寄進し、「小網山稲荷院万福寺」と名付けたとされる。

太田道灌(おおたどうかん)は、武蔵守護代・扇谷上杉家の下で活躍した武将で、江戸城を築城した事で知られる。当時の江戸城の城主であり、当地の領主でもあった。

以後、観世音菩薩と弁財天を祀る「万福寺」と、その境内社である「小網稲荷社」は、神仏習合の中で、共に地域からの崇敬を集めた。

小網町の地名由来・江戸時代に万福寺が浅草新寺町に移転

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
江戸湾の入江であった当地にも町家が立ち並ぶようになる。

慶長年間(1596年-1615年)、付近の町名が「小網町」と名付けられる。

小網町の地名由来は、「万福寺」の境内にあった「小網稲荷社」(当社)であり、網師の翁を小網稲荷大明神として祀った事に由来していると云う。
但し、他説があり、徳川将軍の御前で網を引いた漁師が御肴御用を命ぜられ、白魚献上の特権を得たと云う故事により、町角に漁網を一張干しておく風習から「小網町」と称されたという説もある。

慶長十六年(1611)、「万福寺」が日本橋田所町(現・日本橋堀留町)に移転。
正保元年(1645)、「万福寺」は浅草新寺町(現・元浅草)に新地を拝受したため、再び移転し「長寿院」と号した。

江戸切絵図から見る当社と小網町

江戸時代の当社や小網町については、江戸切絵図を見ると分かりやすい。

(日本橋北神田浜町絵図)

こちらは江戸後期の日本橋や人形町周辺の切絵図。
小網町は図の右下あたりに描かれている。

(日本橋北神田浜町絵図)

小網町周辺を拡大し北を上にしたものが上図。
江戸の入江だったという当地は「小網町」という町名となり記されている。
そうした小網町の三丁目に、赤い円で記した「稲荷」が置かれているのが分かる。
こちらは当社ではなく、現在も大変小さく残る「明星稲荷神社」(現・日本橋小網町4-9)。

当社が置かれていた「万福寺」は既に浅草新寺町へ移転しており、町の鎮守であった当社も同様に浅草新寺町へ遷座した。

一方で浅草新寺町へ移転した「万福寺」と当社も切絵図で確認する事ができる。

(浅草御蔵前辺図)

こちらは江戸後期の浅草〜下谷〜上野周辺の切絵図。
右が北の地図となっていて、「万福寺」は右に描かれている。

(浅草御蔵前辺図)

「万福寺」を中心に拡大し、北を上にしたものが上図。
中央に赤い円で囲ったのが当社が置かれていた「万福寺」であり、「長寿院」とも号した。
現在の住居表示にすると台東区元浅草4丁目周辺。

青い円には、この辺りを「稲荷町」または「新寺町」と呼ぶという事が記してある。

浅草新寺町は、現在の元浅草周辺。現在の浅草通り(当時は新寺通り)沿いを、浅草新寺町と俗称した。明暦三年(1657)に発生し江戸の大半を焼いた「明暦の大火」の後、江戸の町並みは再編され、多くの寺院がこの周辺に移ってきて新たな寺町を形成したのが由来となっている。

神仏習合の元、浅草新寺町に移転した「万福寺」の境内に「稲荷社」(当社)が置かれていたのだろう。

明治の神仏分離と小網町への遷座・強運厄除の御加護

明治になり神仏分離。
「万福寺」から独立し「小網稲荷神社」に改称。
明治二年(1869)、浅草新寺町から創建の地である小網町へ戻る。

「万福寺」は神仏分離の影響で廃寺。
祀っていた弁財天は当社に移され、「万福舟乗弁財天」「東京銭洗い弁天」となった。

明治六年(1873)、小網町の鎮守として村社に列する。
明治九年(1876)、現在の鎮座地に遷座した。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
青円で囲んだ箇所には「小網町」の文字も見える。

橙円で囲った箇所にも神社の地図記号があり、これが江戸切絵図の小網町三丁目に記されていた「稲荷」の位置とほぼ重なる事から「明星稲荷神社」の事であり、当社とは別なのが分かる。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
区内の9割以上が焼け野原となる大被害となり、当社の社殿も倒壊。

当時、宮司は当社の御神体を抱え、近くの新大橋に避難したところ、大挙して避難してきた人々に混乱がなく、新大橋自体も落ちずに大勢の人が助かったと云う。
新大橋の袂にある避難記念碑にも「小網神社の御神体を伏して拝み、加護を願った」と記さている。

昭和四年(1929)、現在の社殿が再建。
これが現存している。

戦時中は戦地へ赴いた氏子が、当社での出征奉告祭に参列し、当社の御守を受けた兵士が全員生還しただけでなく、更に当地周辺が焼野原となった東京大空襲では、社殿を含む境内建物が奇跡的に戦火を免れている。

関東大震災や戦時中のエピソードから、「強運厄除の神様」として信仰を集める。

現在は日本橋七福神の福禄寿を担っている。

境内案内

日本橋小網町の小さな神社

最寄駅の人形町駅から徒歩5分ほどの距離。
鎧橋のやや北に鎮座しており、近くには「小網神社」の案内看板も立つ。

日本橋小網町の路地に鎮座。
規模はとても小さいが、「強運厄除」の御神徳によって多くの参拝者が訪れる。

南東に面して鳥居。
鳥居を潜ってすぐ右手に手水舎。
小さいながらも最低限の設備が整い、ぎゅっと詰まった境内となっている。

昇り龍・降り龍の彫刻が施された見事な社殿

鳥居を潜ったすぐ正面に社殿。
狭い境内にありながら見事な社殿となっている。
旧社殿は関東大震災で倒壊したものの、昭和四年(1929)にこの社殿が再建。
向拝には彫りの深い見事な彫刻や木鼻が施されている。
特に拝殿虹梁の昇り龍・降り龍は実に見事。
強運厄除の龍として拝されている。
こうした社殿は中央区の文化財に指定されている。

社殿の前には一対の狛犬。
昭和四年(1929)に奉納されたもので、社殿と同時期のもの。

社殿の右手には神楽殿。
こちらも社殿と同様に中央区の文化財に指定。

東京銭洗い弁天・日本橋七福神の福禄寿

境内には弁天像が置かれている。
「東京銭洗い弁天」と称される弁天様。

江戸時代まで当社が置かれていた「万福寺」であったが神仏分離の影響で廃寺。「万福寺」が祀っていた弁財天は当社に移され、「万福舟乗弁財天」と称された。この「東京銭洗い弁天」もそうした一環のもの。

「銭洗いの井」で金銭などを清め、財布などに収めておくと財運を授かると云う。
今も多くの人々が金銭を清めに訪れる。

参道の左手には福禄寿像。
「福徳」「人徳」「財徳」など、徳を授ける神として「日本橋七福神」の福禄寿を担う。

3種の御朱印・11月のどぶろく祭・強運厄除のみみずく

御朱印は社務所にて。
当社の御朱印は通常時は3種類用意。

「小網神社」「弁財天」「福禄寿」の3種類の御朱印。
例大祭やどぶろく祭など各種祭典時などに限定御朱印も行われている。

オリジナルの御朱印帳も用意。
龍をデザインしたもので、赤、青、黒、金の4色で、同じデザインの御朱印帳袋も頒布。

授与所には「強運厄除」にちなんだ様々な授与品が置かれている。

  • 関東大震災時、宮司は当社の御神体を抱え、近くの新大橋に避難したところ、大挙して避難してきた人々に混乱がなく、新大橋自体も落ちずに大勢の人が助かった。
  • 戦時中は戦地へ赴いた氏子が、当社での出征奉告祭に参列し、当社の御守を受けた兵士が全員生還。
  • 更に当地周辺が焼野原となった東京大空襲では、社殿を含む境内建物が奇跡的に戦火を免れる。

こうしたエピソードから「強運厄除」の御神徳があるとされ、御朱印にも「強運厄除」の印が押される。
各種御守の他、金運御籤や、まゆ玉おみくじ、パワーストーンのブレスレットなど様々。
授与所はいつも参拝者で混雑となる。

また、11月28日に開催される当社の新嘗祭は「どぶろく祭」として知られる。

「どぶろく祭」は通常11月28日が開催日。
但し、28日が土曜日となった場合には27日に開催、日曜日の場合は29日に開催となる。

新穀と共に神前お供えされるどぶろく(神饌田でその年に収穫した新米で作ったにごり酒)を、参拝者にふるまうところから「どぶろく祭」と呼び、強運厄除の「みみずく」も授与される。

強運厄除・営業繁栄の御利益が自らの「み」(身)と家族の「み」(身)に「つく」=「みみつく(みみずく)」として「どぶろく祭」の日に授与される。

公式サイトより)

筆者は当日に参拝した事がないものの、朝から授与される方で長蛇の列となり、昼前には終了となる事が多いとの事。(どぶろくの配布はみみずく授与が終了後も行われる。)
詳しくは下記公式サイトをご覧頂きたい。

年間行事・神事【小網神社】

所感

小網町の鎮守として崇敬を集めた当社。
小網町の地名由来ともされており、「万福寺」の境内の中で神仏習合のもと崇敬された。
江戸時代前期から明治にかけては浅草新寺町に移転していたものの、神仏分離によって当地に戻ってきており、その後村社となった事からも、小網町の鎮守として崇敬されていた事が伝わる。
境内は大変狭いながらも、戦前の造営で彫刻が見事な社殿が残り、鳥居、手水舎、狛犬、神楽殿、銭洗い弁天などぎゅっと詰まった境内となっているのが特徴。
現在は「強運厄除」の御神徳の神社として知られる事からパワースポットともされており、平日でも多くの参拝者で賑わい、祭事になると長蛇の列ができる程、今も篤く人々からの信仰を集めている。
日本橋周辺にはこうした小さな神社が数多く残るが、その中でも人気の一社であろう。

神社画像

[ 境内全景 ]


[ 鳥居 ]



[ 提灯 ]

[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]






[ 狛犬 ]


[ 神楽殿 ]

[ 福禄寿像 ]

[ 東京銭洗い弁天 ]


[ 社務所 ]

[ 絵馬掛・御籤掛 ]

[ 神輿庫 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google