元神明宮 / 東京都港区

神社情報

元神明宮(もとしんめいぐう)

御祭神:天照皇大御神
相殿神:天之御中主神(水天宮)
社格等:村社
例大祭:9月中旬
所在地:東京都港区三田1-4-74
最寄駅:赤羽橋駅・麻布十番駅
公式サイト:http://motoshinmei.or.jp/

御由緒

 元神明宮は、伊勢神宮・内宮の御祭神・天照皇大御神をお祀りしております。創建は平安時代に遡り、第六十六代一条天皇の勅命により、寛弘二年(1005年)に奉斎された古社であります。古くは「羅生門」の鬼退治で有名な平安中期の武将渡辺綱の篤い信仰を受けた御社でもあります。また、鎌倉時代の戦乱の世も源頼朝を始め多くの武士から崇敬を受けて参りました。
 天正年間(1573年-1592年)になると、江戸に入府した徳川家の命により、神宝・御神体をすべて飯倉神明(現在の芝大神宮)に遷そうとするところを氏子の人々が「御神体だけは渡せない」と夜通し警護してお守りしたと伝えられております。それ以後、当宮を元神明、芝大神宮を飯倉神明または芝神明と呼び、共に篤く信仰を受けて参りました。江戸時代には徳川家より葵ノ紋章付奉幣串等が奉納され、現在も社殿に残されております。その他にも氏子崇敬者より天和三年(1683年)に奉納された境内の手水石や文化元年(1804年)に奉納された太鼓などが現存しております。
 相殿として本殿には安産の神、水難・火難除けの神として崇敬されている東京水天宮が祀られております。この水天宮は、文政元年(1818年)当社に隣接する久留米藩有馬上屋敷内に、邸内社として領地の九州久留米水天宮から分祀され、明治初年に有馬邸が青山に移転する際、当社にも御分霊を奉斎いたしました。その後、青山の有馬邸内社は日本橋蛎殻町の現水天宮社地に移転しました。
 また、境内の平河稲荷神社は、旧江戸城内紅葉山に鎮座されておりました。徳川家三代将軍家光の御台様(妻)が信仰していたと伝えられております。王政復古の際に縁があった当地に奉斎されました。
 過去200年間の御社殿の造営記録を調べてみますと、天保七年(1836年)に、本殿・幣殿・拝殿の造営。明治三十年(1897年)に拝殿の屋根改修。大正十四年(1925年)には本殿・幣殿の改築。そして、平成に入り旧御社殿の老朽化に伴い、全面的な改築工事が行われ、氏子崇敬者の皆様方の多大なるご支援ご協力により、日本で初めて古来からの伝統木造建築と近代のコンクリート建築の融合による画期的な御社殿が、平成六年六月に竣功いたしました。(頒布の資料より)

参拝情報

参拝日:2017/08/03

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※金銀が散りばめられた高級紙による書き置きのみとなる。


歴史考察

元神明と称される古社

東京都港区三田に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧赤羽町鎮守。
正式名称は「神明宮」であるが、「元神明宮」と称される事が多い。
明治に改称した際の「天祖神社」の名も境内には多く残る。
平安時代創建の古社であるが、平成の改築によって近代的な鉄筋コンクリート造の建物の中に、伝統的な木造社殿が納められているのが特徴となっている。

一条天皇の勅命によって創建

社伝によると、寛弘二年(1005)に創建とある。
第六十六代・一条天皇の勅命によって創建されたと伝わる。

当宮の御朱印には「御鎮座壱千余年の古社」と記されている。

現在の三田周辺は、かつては嵯峨源氏渡辺一党の領地であった。
この事から嵯峨源氏渡辺一党の産土神の一社として、崇敬を集めたとされる。

頼光四天王・渡辺綱の伝説と産土神

嵯峨源氏渡辺一党の産土神の一社として崇敬を集めた当宮。
この嵯峨源氏渡辺一党の祖に、渡辺綱という人物がいる。

渡辺綱(わたなべのつな)は源頼光の家臣で、頼光四天王の一人として名を馳せた人物。
正式な名乗りは源綱であり渡辺源次とも称された。
『今昔物語集』『宇治拾遺物語』『御伽草子』などに名を見る事ができる。
頼光に従い、大江山の酒呑童子退治、京都の一条戻橋上で源氏の名刀「髭切りの太刀」で鬼(茨鬼童子とも)の腕を切り落としたといった逸話で知られる。

(安達吟光・大日本史略図会)

当宮は渡辺綱が篤く崇敬したと伝わる。

余談になるが、渡辺綱の伝承から鬼は渡辺姓を恐れたと云い、この事から渡辺姓の人は節分の豆まきが不要といった俗説も伝わる。

同じく三田に鎮座している「御田八幡神社」は、渡辺氏の氏神として崇敬を集めたため、渡辺綱から「綱八幡」と称され崇敬を集めている。
三田周辺が渡辺氏の縁の地だったと云えるだろう。

三田鎮守の八幡さま。式内社「薭田神社」論社とされる古社。久保三田に遷座・嵯峨源氏渡辺一党の氏神。頼光四天王・渡辺綱の伝説と綱八幡。江戸時代初期に当地へ遷座。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当社。オフィス街に鎮座・鬱蒼とした境内。御朱印。

このような逸話から渡辺氏の産土神であった当宮は、武家からの崇敬を集めた。

元神明と称された由来

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
慶長三年(1598)、徳川菩提寺である「増上寺」が、江戸城の拡張に伴い、現在地の芝(現・芝公園)へ移転。

江戸城の裏鬼門に当たる芝に「増上寺」を移転させ、鬼門に当たる上野に「寛永寺」を創建している。鬼門と裏鬼門を菩提寺に守護させたのが分かる。

飯倉山(現・芝公園)に鎮座していた「飯倉神明(現・芝大神宮)」が、「増上寺」の移転に伴い現在の鎮座地(現・芝大門)へ遷座し、「芝神明(現・芝大神宮)」と称されるようになる。

東京十社・芝神明と呼ばれた関東のお伊勢様。だらだら祭りと称される例祭・女性人気の千木筥(ちぎばこ)。伊勢神宮を勧請し創建。源頼朝による寄進。徳川将軍家からの庇護。め組の喧嘩の舞台。浮世絵に描かれた当宮。江戸有数の盛り場。御朱印。御朱印帳。

この際に、徳川家の命によって、当宮の神宝・御神体を「芝神明」へ遷すよう命じられる。
しかしながら、当宮の氏子の人々が「御神体だけは渡せない」と夜通し警護して守ったと云う。

以来、「芝神明」に対して当宮は「元神明」と称されるようになった。

こうした伝承から、一部では「芝大神宮」の旧鎮座地と紹介される事があるが、『江戸名所図会』では「飯倉神明宮の窮地とするは誤りなり」と記されているように、当宮は「芝大神宮」の旧鎮座地ではなく、あくまで神宝・御神体を遷されそうになった別の神社という扱いになるようだ。

以後、「芝神明」と共に崇敬を集め、徳川将軍家より葵ノ紋章付奉幣串等が奉納されている。

江戸切絵図から見る当宮・隣は久留米藩主有馬家上屋敷

当宮の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(芝高輪辺絵図)

こちらは江戸後期の三田・芝・高輪周辺の切絵図。
右が北の地図で、当宮は図の右上に描かれている。

(芝高輪辺絵図)

当宮周辺を拡大し北を上にしたものが上図。
赤円で囲ったのが当宮で「元神明」として記されている。

当宮の隣には「有馬中務大輔」の文字。
これは久留米藩主有馬家の上屋敷。

当時の久留米藩主有馬家上屋敷には、「水天宮」(現・福岡県久留米市)の分社が邸内社として祀られており、これが現在の「東京水天宮」(現・中央区日本橋蛎殻町)である。
江戸時代より安産・子授けの神として人々から篤い信仰を集め、上屋敷の邸内社であったため庶民の参拝は困難であったが、庶民からの要望により毎月5の日に一般開放する事としたため、「情け有馬の水天宮」と云われる程の人気であった。
水天宮は中央区日本橋蛎殻町のお宮(神社)で、安産・子授け・七五三・初宮・芸能祈願・水難除けなどのご利益で知られています。

当宮と有馬家上屋敷が隣接していた事から、後に当宮にも相殿として「水天宮」が祀られるようになる。

江戸名所図会に描かれた当宮

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「小山神明宮」として描かれているのが当宮。
江戸切絵図には「元神明」と記されていたように、当時は「小山神明宮」とも「元神明」とも呼ばれていたようだ。

現在の当宮の社殿は近代的に建て替えられているため、随分と違っているが、境内の造りは現在もその面影を残している。
「小山神明宮」と称されたように、石段を上った先の小山に鎮座しており、こうした高台の上に鎮座している様子は現在も変わらない。

天保七年(1836)、社殿を造営した記録が残っている。

明治以降の歩み・平成の造営

明治になり神仏分離。
明治二年(1869)、「天祖神社」に改称。
当宮の社号碑には今も「天祖神社」の文字が残る。

明治三十年(1897)、拝殿の屋根を改修。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

当宮の鎮座地は今も昔も変わらない。
当時はまだ赤羽町の地名を見る事ができ、当宮は赤羽町の鎮守であった。
赤羽町は現在の三田一丁目周辺で、当宮の隣にあった有馬家上屋敷はこの頃には兵器庫になっているのが分かる。

有馬家上屋敷は明治元年(1868)に青山に移転している。
この際に隣接する当宮に「水天宮」の分霊を相殿として奉斎。
邸内社だった「水天宮」は明治五年(1872)に現在の日本橋蛎殻町に遷された。

大正十四年(1925)、本殿と幣殿を改築。
この改築された社殿が現社殿になるまで残っていた。

その後、関東大震災や東京大空襲の被災を免れている。そのため厄除けの神としても崇敬を集めた。

戦後になり境内整備が進む。
戦後には「天祖神社」から「神明宮」へ社号を変更している。

平成六年(1994)、旧社殿の老朽化に伴い現社殿を造営。
伝統木造建築と近代のコンクリート建築の融合による個性的な社殿となる。

平成十七年(2005)、御鎮座壱千年の記念事業が行われた。

境内案内

神明坂の途中・石段を上った先に鎮座

最寄駅の赤羽橋駅からは徒歩5分程の距離。
当宮に向かう神明坂という坂があり、その途中に鎮座している。
神明坂の由来は当宮が「元神明」と呼ばれていた事に由来する。

神明坂の途中に南西向きの石段。
社号碑は明治以降に改称した「天祖神社」の文字が残り、石段の先に鳥居。
石段の左手には石碑などが置かれている。
石垣や岩で造られた小山になっているが、これらは『江戸名所図会』にも記されており、古くからの地形を残した境内となっているのが分かる。

石段を上り鳥居を潜ると左手に手水舎。
天和三年(1683)に奉納された古い手水石であるが、それを利用して整備されている。
手前にあるボタンを押すと水が出るという仕組みになっていて、古い手水石を利用しつつも新しい仕組みになっているのが面白い。

伝統建築と近代建築が融合した社殿

正面にはモダンな社殿が鎮座。
平成六年(1994)に造営された社殿はとても個性的。
1Fと2F部分がある鉄筋コンクリート造の建造物は、両脇に2Fへの階段が設置。
階段を上った先の2F部分に社殿が納められている。

鉄筋コンクリートの建物の中にあるのは木造建築の伝統的な社殿。
平成六年(1994)造営の新しい社殿であるが、それ以上に状態がよく新しく見えるのは、建物の中に収容されている事で雨風を免れているからであろう。

当宮には伊勢信仰の「神明宮」として天照皇大御神が祀られている他、江戸時代まで久留米藩主有馬家の上屋敷が隣接していた事から、有馬家の邸内社であった「水天宮」の分霊が相殿として祀られている。

多くの稲荷神社が鎮座

境内社は全て稲荷神社で大変多く鎮座している。
石段の左手に鳥居が複数あり、その先に境内社。
途中には小さな狛犬なども整備されている。
石段の先にあるのが「天白稲荷神社」。
合祀「三田七福神」と記されていて、戦前に行われていた三田七福神が合祀されている。

表参道の石段を上り鳥居を潜った左手に稲荷神社が2社。
小さな社とその奥に鳥居付きの社。
いずれも稲荷神社。

社殿の階段近くにも稲荷神社が2社。
平河稲荷神社と云い、旧江戸城内紅葉山に鎮座していた稲荷社で、三代将軍・徳川家光の御台様が信仰していたと伝えられている。
これら多くの境内社は全て稲荷神社であり、いずれも宇迦之御魂神を御祭神としている。

金銀が散りばめられた高級紙の御朱印

御朱印は社務所にて。
2Fに上がった社殿の右手に社務所が用意されている。

御朱印帳に直接揮毫はして頂けない。

御朱印は書き置きのみとなる掲示あり。
初穂料は500円だが、金銀が散りばめられた高級紙となっている。

とても丁寧に対応して頂いた。

所感

旧赤羽町の鎮守として崇敬を集める当宮。
渡辺綱の産土神として武家より崇敬を集め、江戸時代には「元神明」と称されたように、「芝大神宮」と共に地域から崇敬を集めた。
隣には有馬家の上屋敷があり「水天宮」の一般開放時には、当宮も大層賑わったのであろう。
発展する東京都心の中で当宮の様相もかなり変わり、特に現在の社殿は個性的で斬新さを感じる。
そうした中でも小山の上に鎮座する境内などは、当時の面影を僅かに残しているように思う。
近代と伝統が融合した面白い神社である。

神社画像

[ 石段・社号碑 ]


[ 石垣 ]

[ 石段・鳥居 ]

[ 石碑 ]

[ 百度石 ]

[ 鳥居 ]

[ 狛犬 ]


[ 手水舎 ]


[ 社殿 ]







[ 社務所 ]

[ 境内社参道 ]




[ 天白稲荷神社 ]



[ 稲荷神社 ]


[ 庚申塔 ]

[ 神楽殿 ]

[ 平河稲荷神社 ]

[ 白滝稲荷神社 ]

[ 御籤掛 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 境内 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google