江北氷川神社 / 東京都足立区

神社情報

江北氷川神社 (こうほくひかわじんじゃ)

御祭神:素盞嗚尊
相殿神:奇稲田姫命・大己貴命・天照大御神・伊邪那美命・淤母陀琉命
社格等:村社
例大祭:9月中旬の土・日曜
所在地:東京都足立区江北2-43-8
最寄駅:江北駅・高野駅
公式サイト:http://www.hikawajinja.com/

御由緒

 江北氷川神社は、秩父山系を水源とする荒川流域に位置し「沼田」という旧地名からもわかるように、古来より清流が流れる湖沼地帯であったと思われます。このような清地に、ご祭神(素盞鳴尊)は古代より治水守護神として奉祀されておりましたが、村落の開発に伴い、荒川を出雲の國・簸川(ひのかわ)の故事に見立てて、氷川神社を創建したものと考えられております。
 悠久の歴史のまにまに、足立区西部一帯の総本社として、現在も連綿と篤い信仰を集めております。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2017/05/19(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/10/22(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:志納
社務所にて。

※名誉宮司がいらっしゃる時のみ見開きで和歌つきの御朱印を頂ける。
※和歌は毎年変わる。
※2017年に参拝時はお手製の栞も頂いた。

[2017/05/19拝受]
(2017年御朱印)

[2015/10/22拝受]
(2015年御朱印)

授与品・頒布品

お手製栞
初穂料:─
社務所にて。

※御朱印を拝受した際(2017年)に頂いた。

スポンサーリンク

歴史考察

旧江北村の総鎮守・地域の中核神社

東京都足立区江北に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧沼田村の鎮守。
明治時代に近隣9つの村が合併し江北村が成立した際には江北村総鎮守とされた。
現在も足立区西部一帯(計17社)の本務社を担い、地域の中核神社となっている。
正式名称は「氷川神社」であるが他との区別から「江北氷川神社」と称される事が多い。

荒川流域に点在する氷川神社

創建年代は不詳。
当地の開拓神として勧請されたと推測される。

氷川信仰は、「武蔵一宮氷川神社」(埼玉県さいたま市大宮区)を総本社とし、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を御祭神とする信仰。その数200社以上と言われているが、全国的に見ると東京・埼玉といった旧武蔵国以外ではほぼ見ることができない神社となっている。
武蔵国一之宮。氷川神社総本社。勅祭社。宮中の四方拝の一社。2kmにも及ぶ氷川参道。大宮の地名由来。御朱印。御朱印帳。

特に氷川神社は「武蔵一宮氷川神社」を荒川流域に多く見る事ができる。
荒川流域には氷川信仰の「氷川神社」、元荒川流域には久伊豆信仰の「久伊豆神社」、利根川流域には香取信仰の「香取神社」と、ほぼ境界を侵すことなく祀られているのが面白い。

この事から、旧武蔵国足立郡を中心に、荒川流域での開拓の神(出雲族が開拓したため出雲の神・素盞鳴尊が祀られている)として勧請されていたものと推測できる。
当社も当地(旧沼田村)が開拓される際に、開拓神・鎮守として勧請されたものであろう。

沼田村の鎮守とされた江戸時代

この土地は古くは沼田という地名であった。
江戸時代の史料には沼田村の文字を見る事ができ、当社は沼田村鎮守として崇敬を集めている。

「沼田村」という地名から、かつては湖沼地帯であった事が伺える。荒川流域の湖沼地帯を開拓する際に、氷川信仰を勧請したのであろう。

元禄十二年(1699)、氏子より手水石が奉納。
この手水石は庚申塔も兼ねていると云い、現存し保存されている。

江戸切絵図から見る沼田村

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(根岸谷中辺絵図)

こちらは江戸後期の根岸谷中辺絵図周辺の切絵図。
左が北の地図で、当地周辺は左下に描かれている。

(青山渋谷絵図)

北を上にして当地周辺を拡大したものが上図。
残念ながら当社は記されていないものの、青円で囲ったように「沼田村」の文字を見る事ができる。
地理からいって赤円で囲ったあたりが当社の鎮座地になる。

沼田村に渡場が置かれていたのが分かり、渡し船で荒川を渡っていた。
交通の要所の1つとも云えるであろう。

当地の周辺の殆どは百姓地・田畑であり、大変のどかな農村であった事も伺える。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(沼田村)
氷川社
村の鎮守なり。地福寺持。

沼田村の「氷川社」とされているのが当社。
沼田村の鎮守であった事と、現在も隣接する「地福寺」が別当寺だった事が記されている。

天保四年(1833)、本殿が造営され、これが現存している。

9か村が合併して江北村が成立し総鎮守となる

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列した。

明治八年(1875)、拝殿が再建。
この拝殿が改修されつつ現存している。

明治二十二年(1889)、市制町村制が施行され、沼田村・鹿浜村・鹿浜新田・加々皿沼村・高野村・谷在家村・宮城村・小台村・堀之内村が合併し「江北村」が成立。
当社は江北村の総鎮守とされた。

江北村の村名は、荒川の北に位置していた事に由来する。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

当社の鎮座地は今も昔も変わらない。
荒川より北は、田畑が多くのどかな農村だった事が分かる。
「江北村」の一帯で、沼田・上沼田・下沼田といった地名も残っている。

沼田村も比較的広い範囲だった事が分かるが、9つの村が合併し成立した江北村はかなり広大であり、そうした一帯の総鎮守として崇敬を集めた。

戦時中は戦火を免れており、社殿などが現存。
戦後になり境内整備が進む。

昭和二十六年(1951)、大正天皇后・貞明皇后が崩御された際、宮中より皇后ゆかりの羽二重を下賜され、社号額として保存している。

昭和五十九年(1984)、昭和の大改修工事が行われた。
平成十一年(1999)、氏子崇敬者より宮神輿が奉納されている。

現在は足立区西部一帯(計17社)の本務社を担い、地域の中核神社となっている。

境内案内

荒川沿いに鎮座・鬼瓦吐水口の手水舎

最寄駅は江北駅で徒歩15分程の距離、荒川の土手沿い首都高速川口線に面して鎮座。
綺麗な玉垣に囲まれた境内で、その先に鳥居。
参道には鉢が多く置かれて手入れされており、この日は紫陽花が多く置かれていた。
とても手作り感のある境内で親しみやすい。

鳥居を潜ったすぐ左手に手水舎。
手水舎の吐水口に使用されているのが、かつて拝殿に使われていた鬼瓦の獅子像。
センサーで反応して水が出る仕組みになっており、その右にはタブレット端末が置かれ、手水舎の使い方が動画で流れていたりと面白い試み。

江戸後期から明治に造営された社殿

社殿は江戸後期の本殿と明治の拝殿が現存。
拝殿は明治八年(1875)に造営されたもの。
造りとしては簡素であるが所々の彫刻が良い出来。
扁額は名誉宮司による揮毫。
拝殿前に立つと雅楽が流れ、道歌が置かれていたりと教化活動に励んでいる様子が伝わる。

本殿は、天保四年(1833)に造営されたものが現存している。
こちらは覆殿で保護されているため、中に江戸後期の本殿が納められている。

拝殿・本殿共に戦火を免れており、昭和五十九年(1984)の「昭和の大改修工事」で改修された姿が現在の社殿となっている。

多くの小祠が置かれた境内社

社殿の右手に境内社の諏訪神社。
社殿前には狛犬も奉納されている。

拝殿の手前に、大黒様・恵比寿様を祀る小祠。
当社にはこうした小祠が多く祀られているのが特徴。

参道途中左手がそうした小祠が多く置かれた一角。
この先に、稲荷社や弁天社などの小祠が並ぶ。
いずれも江北村の邸内社などとして祀られていたものが総鎮守である当社に遷された。
奥には庚申塔などもあり、無造作に置かれた一角ながら、古い信仰を感じる。

境内社鳥居の左手にも小祠。
山の神・水野神を祀っていると云う。

名誉宮司が詠む和歌の見開き御朱印

御朱印は社務所にて。
授与品も豊富に用意している。
オリジナルの授与品も豊富で色々と努力されている。

当社の御朱印は、見開きで和歌を書いて下さる事で知られる。
名誉宮司(女性の方)による和歌で、詠まれる歌は毎年変わる。
毎年、道歌とも云える内容になっているのが特徴。

道歌(どうか)は、道徳的な教訓的な短歌のこと。

社務所には、住所氏名を記帳する帳面があり、記載すると翌朝にその帳面を祈祷して下さる。
2017年に参拝時は、お手製の栞を挟んで下さり、こうした心遣いも有り難い。

御朱印は志納となっているが、見開きということを考え、お気持ちを納めると良いだろう。
当社の御朱印は名誉宮司がいらっしゃる時のみ対応可能となっている。
筆者は年に数回参詣しているが、兼務社を多く抱えるためご不在の時も多い。
御朱印を頂きたい場合は「事前にお電話下さい」との事なので、社務所まで連絡してみるのもよいと思う。(連絡先は公式サイトからご確認頂きたい)
東京都足立区西部一帯をご守護する総本社です。厄除け・災難除けに御利益があり、初宮参り・地鎮祭などを毎日ご奉仕しております。

所感

沼田村の鎮守とされた当社。
荒川流域に多く鎮座する氷川神社の一社であり、湖沼地帯であった当地を開拓する際に祀られたものと思われ、村の鎮守として地域を見守ってきたのであろう。
明治になり9つの村が合併し江北村が成立すると、江北村の総鎮守とされた。
現在もそうした流れは引き継いでおり、近隣の17社もの神社を兼務されているように、今もなお地域一帯の中核神社を担っている。
境内は村の鎮守といった規模であるが、色々試みているのが伝わる境内。
和歌の見開き御朱印など、参拝者への心遣いも有り難い神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 玉垣・鳥居 ]

[ 社号板 ]

[ 鳥居 ]


[ 手水舎 ]


[ 拝殿 ]








[ 本殿(覆殿) ]

[ 恵比寿様・大黒様 ]

[ 諏訪神社 ]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]

[ 御神木 ]

[ サイクルラック ]

[ 境内社 ]




[ 山の神・水の神 ]

[ 忠魂碑 ]

[ 旧鳥居 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google