乃木神社 / 東京都港区

乃木神社(のぎじんじゃ)

御祭神:乃木希典命・乃木静子命
旧社格:府社 現:別表神社
例大祭:9月13日
所在地:東京都港区赤坂8-11-27
最寄駅:乃木坂駅・六本木駅・青山一丁目駅
公式サイト:http://www.nogijinja.or.jp/

御由緒

 御祭神に偽希助は幕末から明治という近代国家建設の激動の時代を過ごされました。日清戦争・日露戦争等における軍人としての活躍はもとより、詩歌の素養に優れ、学習院長として深い慈愛と質実剛健の心を持って後の昭和天皇をはじめ、多くの生徒を指導された教育者でもあります。妻・静子夫人もまた常に将軍の思いを察せられ、忠孝・質素・仁愛の志篤く内助の功を尽くされました。

大正元年九月十三日、乃木将軍は静子夫人とともに明治天皇に殉じられました。至誠一貫の御生涯は、多くの国民の共感するところであり、その「忠誠」の精神を後世に伝えようと大正十二年十一月一日数多くの崇敬者により当社は創建されました。昭和二十年五月二十五日空襲により本殿以下の社殿が焼失しましたが、全国の崇敬者の熱意により、昭和三十七年九月に復興されました。

御祭神の御事蹟から文武両全・夫婦和合の神様として崇敬されていますが、その根源にあるのは、日本とは我々一人ひとりの精神の中にあるという御神訓であり、神さまとしてお祭りされている由縁であります。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/04/05

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。
乃木神社

御朱印帳

初穂料:1,000円(朱印代込)
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
オレンジを基調とし社号が入っているシンプルな御朱印帳。

御朱印帳
公式サイトより)
※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。
スポンサーリンク


歴史考察

乃木将軍夫妻を祀る神社

港区赤坂にある神社。
旧社格は府社で、現在は神社本庁の別表神社。
乃木希典将軍と乃木静子夫人を御祭神としている。
明治天皇大葬の日に乃木夫妻が自刃した邸宅の隣地に鎮座している。

世界的賞賛を受けた乃木将軍

御祭神となっている乃木希典は、日本陸軍大将で、一般的には「乃木将軍」「乃木大将」と呼ばれる事が多い。
陸軍大将としての実績の他、教育者としても名高い人物。
日露戦争では、旅順攻囲戦でロシアの永久要塞といわれた旅順要塞を攻略。
その実績から日本海軍の東郷平八郎と共に「陸の乃木 海の東郷」(「陸の大山 海の東郷」とも)と称され讃えられた。

なお、乃木夫妻はこの日露戦争で2人の息子を戦死にて亡くしており、国民も大いに同情したという。旅順要塞を陥落させた後の水師営の会見では、明治天皇より、敵国の要塞司令官ステッセリが祖国のため力を尽くしたことを讃え武人としての名誉を確保するよう命じられる。
これを受けて、乃木は、ステッセリやロシア兵に対し極めて紳士的に接した。

この、乃木が指揮した旅順攻囲戦は、日露戦争における最激戦であったため、乃木は日露戦争を代表する将軍と評価され、武功のみならず、降伏した敵国ロシア兵に対する寛大な処置も賞賛の対象となり、世界的に評価された。

明治天皇の勅命で学習院院長就任

明治四十年(1907)、明治天皇による勅命で乃木は学習院院長を兼任する事になる。

これは、明治天皇の皇孫(後の昭和天皇)が学習院に入学する事から、後の昭和天皇の養育係を乃木に託すべく、乃木を学習院院長に直々に指名した事による事から。
また、明治天皇は乃木に対し、自身の子供を亡くした分、生徒らを自分の子供だと思って育てるようにと述べて院長への就任を命じたといわれている。

明治天皇からの乃木将軍への厚い信頼と人徳を伺うことができる逸話だろう。

学習院委員長になってからは、乃木式教育といわれ生活の細部に渡って指導に努めた。
乃木は、質素と謹厳の代名詞とも呼ばれ、人格は多くの生徒から尊敬を集める。

翌年、迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)が学習院に入学。
乃木は、勤勉と質素を旨としてその教育に努力。
昭和天皇は後に、自身の人格形成に最も影響があった人物として乃木の名を挙げるほどに親しんだ。
昭和天皇の教育係を務めた人物と言える事ができるだろう。

明治天皇を慕い殉死

明治四十五年(1912)七月三十日、明治天皇が崩御。
大正元年(1912年)九月十三日に、明治天皇の大葬が行われる。
乃木夫妻
大葬当日、乃木夫妻は礼装に身を固めて記念写真を撮っている。

同日、午後8時頃、乃木は妻の静子と共に自刃して亡くなった。
いくつかの遺書、辞世を残しており、明治天皇の後を追い殉死したと見られている。

乃木の訃報が報道されると、多くの日本国民が悲しんだという。
迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)は、乃木が自刃したことを聞くと、涙を浮かべ「ああ、残念なことである」と述べて大きくため息をついたとされる。
なお、夏目漱石は小説「こゝろ」は、漱石が乃木希典の殉死に影響を受け執筆した作品である。

乃木夫妻の葬儀は、大正元年(1912)九月十八日に行われた。
葬儀には十数万の国民が自発的に参列。
その様子から「権威の命令なくして行われたる国民葬」と表現され、多くの外国人も多数参列した事から「世界葬」とも表現された。

乃木神社の建立

大正二年(1913)、当時の東京市長だった阪谷芳郎が中心となって、乃木希典を敬慕する人々による中央乃木会を設立。
乃木邸内の小社に乃木夫妻の御霊をお祀りした。

大正八年(1919)に「乃木神社」創建の許可が下り、乃木が慕った明治天皇の「明治神宮」創建後に造営が行われた。
大正十二年(1923)に鎮座祭が行われ、当社が創建となった。
当社は府社に列した。

なお、その後、京都府、山口県、栃木県、東京都、北海道など日本の各地に乃木を祀った「乃木神社」が建立されている。
乃木将軍が国民に慕われた証拠とも言えるだろう。

戦後の焼失と再建

第二次世界大戦中の昭和二十年(1945)、東京大空襲で社殿を悉く焼失。
戦後、昭和三十七年(1962)に、社殿が再建され復興を果たした。

昭和五十八年(1983)にはコンクリート造の宝物殿が建立。
現在は神社本庁の別表神社となっている。

なお、創建時の設計は「日光東照宮」の修復や「明治神宮」の造営に関わった、大江新太郎が手がけている。
昭和三十七年(1962)再建時の設計は、大江新太郎の息子・大江宏が手がけており、昭和五十八年(1983)宝物殿の設計は、宏の長男・大江新と三男・大江昭が手がけている。
このように当社の建築は大江親子3代に渡る建築家の作品の結晶と言ってもよいだろう。

乃木坂の地名由来

最近は知名度も高くなった「乃木坂」の地名は、当社の御祭神である乃木将軍に由来している。

現在の乃木坂は、江戸時代には幽霊坂と呼ばれていたという。
乃木坂の名は乃木の殉死を悼み、赤坂区議会が改名を議決したことに由来する。
更にその周辺の地域も乃木坂と呼ぶようになり、昭和四十七年(1972)に開業した営団地下鉄(現在の東京メトロ)千代田線の駅が乃木坂駅と命名。
地域名として一般化した。

なお、乃木坂という住所表記上の地名は存在していないのだが、この周辺は乃木坂と呼ばれる事が多く、乃木坂の名前を冠した施設や建物などが多く見られる。
最近はアイドルグループ「乃木坂46」によって地名の知名度も上がっている。
これも最終オーディション会場として使用された「SME乃木坂ビル」を由来としている。

乃木邸宅の隣に鎮座

乃木坂駅すぐに鎮座する当社。
かつて乃木夫妻が自刃した乃木邸宅の隣地が境内となっている。
一の鳥居の横には大きな枝垂桜があり、桜の季節には名所の1つともなっている。

旧社殿は上述した通り第二次世界大戦で焼失。
昭和三十七年(1962)に再建されたもの。
拝殿・幣殿・本殿と立派な造り。

社殿の右手奥には境内社の「正松神社」。
昭和三十八年(1963)に建立され、乃木の松下村塾の創立者で乃木が師事した玉木文之進と、その甥の吉田松陰をお祀りしている。

手水舎の近くには境内社「赤坂王子稲荷神社」が鎮座。
昭和三十七年(1962)に建立された。
これは乃木夫妻が崇敬していた「王子稲荷神社」を勧請したもの。

宝物殿は入場無料なのが嬉しい。
殉死された際の刀をはじめ、遺言や勲章、漢詩などを公開しているので、一緒に見るのをお薦めしたい。

当社に隣接して、婚礼・宴会等に使用される施設の乃木會館やレストラン・メゾンブランシュが存在。
そのため当社は結婚式会場としても人気が高い。

御朱印は授与所にて。
オリジナルの御朱印帳も用意している。
筆者は「明治神宮」の御朱印帳に拝受した。

所感

乃木将軍夫妻をお祀りした当社。
昭和天皇をはじめ、多くの日本国民にも慕われた乃木将軍が、今も敬愛され崇敬されている事が伝わる境内となっている。
多くは戦後の再建によるものだが、復興や現在の境内の維持も、崇敬者の努力があるからこそ。
現在は結婚式場としても人気で、この日も撮影が行われていた。
共に殉死され、質素と謹厳の代名詞ともされた乃木将軍と静子夫人をお祀りしているからこそ、2人で寄り添うための会場としても感慨深いものがあるように思う。
授与品の「よりそひ守」は、需要に供給が追いつかなく欠品になることも多い。
毎月第4日曜日には骨董市(蚤の市)が行われ、これは関東圏でも古い歴史のある骨董市で賑わう。
整えられた境内は、乃木将軍の清廉潔白な人柄が表れたようで、気持ちよく参拝できる良社である。
なお、夜間は閉門となるため参拝できないので注意したい。

神社画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]


[ 一の鳥居 ]

[ 枝垂桜 ]

[ 一の鳥居(境内より) ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 拝殿 ]




[ さざれ石・よりそひ橋 ]

[ 正松神社 ]



[ ナンダモンダ(菊面石) ]

[ 教育の碑 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 宝物殿 ]

[ 授与所 ]

[ 楷樹 ]

[ 赤坂王子稲荷神社 ]




[ 御籤掛 ]

[ 旧乃木邸裏門 ]

[ 案内板 ]

[ 境内案内図 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google