住吉神社 / 東京都中央区

住吉神社(すみよしじんじゃ)

御祭神:住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命)・息長足姫命(神功皇后)・東照御親命(徳川家康)
旧社格:郷社
例大祭:8月6日(3年に1度が本祭)
所在地:東京都中央区佃1-1-14
最寄駅:月島駅
公式サイト:http://www.sumiyoshijinja.or.jp/

御由緒

 「西の海阿波伎の原の潮路より顕われ出でし住之江の神」と卜部兼直の和歌にあるように住吉大神は、遠き神代の昔、筑紫の日向の橘の小戸の阿波伎原に於いて顕れた伊邪那岐大神の御子、底筒之男命、中筒之男命、表筒之男命の三柱の神です。
神功皇后三韓征伐の際、皇后自ら御親祭をなさり住吉三神の御加護により無事達成なさりました。その帰途、摂津国西成郡田蓑島(大阪佃)にお寄りになり住吉三神を遥拝になりました。これが大阪佃の住吉の社(田蓑神社)の起源です。
遥か後、天正年間に徳川家康公が摂津の多田の廟に参詣の時、田蓑島(大阪佃)の漁夫達が漁船をもって神崎川の渡船を勤めた由縁で家康公がこの島の住吉の社(田蓑神社)にも参詣し、家康公の漁業の傍ら田も作れとの事で、村名を田蓑から佃に改めさせました。そして田蓑の名を残すため社名を住吉神社から田蓑神社に改めました。
天正十八年(1590)家康公が関東下降の際、家康公の命により摂津国佃の漁夫三十三人と住吉の社(田蓑神社)の神職平岡大夫の弟、権大夫好次が分神霊を奉戴して江戸にくだり、寛永年間に幕府より鉄砲洲向かいの干潟を賜り、築島工事を起こし、正保二年に竣工し、元の名から佃島と名付け、住吉明神の社地を定めて、正保三年(1646)六月二十九日、住吉三神、神功皇后、徳川家康公の御霊を奉遷祭祀しました。これが佃住吉神社の起こりです。
佃島は江戸湊の入り口に位置し、海運業、各問屋組合をはじめ多くの人々から海上安全、渡航安全の守護神として信仰を集めました。
その後、月島、勝どき、豊海、晴海と埋め立てが行われ、その地域の産土神(氏神)として信仰されています。

参拝情報

参拝日:2016/01/28

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※境内社の「龍神社」の御朱印もあり。

住吉神社

御朱印帳

初穂料:1,000円
社務所にて。
オリジナルの御朱印帳を用意している。
縁起物が色々と描かれたもので3種類用意。
※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。


考察

佃・月島・晴海の鎮守

中央区佃に鎮座する神社。
旧社格は郷社で佃・月島・晴海など埋め立て地域の鎮守。
海上安全、渡航安全の守護神として信仰されている。

当社の歴史は佃島の歴史

天正年間(1573年-1592年)に、徳川家康が上洛。
摂津国西成郡佃村(現在の大阪市西淀川区佃)の「住吉神社」(現在は「田蓑神社」改称)に参詣した際に、佃村・大和田村の漁民が神崎川に渡し船を出して家康一行を運んだという。
これを縁として、両村の漁民は家康から重宝されるようになり、恩賞として全国での漁業権を与えた。

天正十八年(1590)、家康が関東移封により江戸入国。
すると家康の命により佃村・大和田村の漁夫33人と「住吉神社(田蓑神社)」の神職の弟が、「住吉神社(田蓑神社)」の分霊と共に江戸に移り住む事になる。
正保二年(1645)には江戸鉄砲洲向かいにある干潟を幕府から下賜され、これを埋め立てて築島。
島を故郷の摂津国佃村にちなんで佃島と命名。
つまり佃島は江戸初期に築造された人工の島である。

正保三年(1646)、「住吉神社(田蓑神社)」でお祀りしている住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命)と共に、息長足姫命(神功皇后)・東照御親命(徳川家康の霊)の分霊を奉遷。
「住吉神社」として当社が創建された。
元禄七年(1694)には、講組織「佃嶋氏子中」が結成され、以後、地域の崇敬が篤かったという。

描かれた江戸時代の佃島

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

住吉神社1

「住吉明神社」と描かれた当社。
左上の一角に鳥居などが見えるがそれが当社。
佃島は百間四方の干潟を埋め立てたといい、四角い地形なのが分かる。
船の往来も多く、海上安全でもある住吉信仰との相性は抜群だったのだろう。

佃島は江戸でも名所の1つだったようで、浮世絵・錦絵でよく描かれている。
特に当社にまつわるものを描いたのが歌川広重の1枚。

住吉神社2
(歌川広重・名所江戸百景)

歌川広重の『名所江戸百景』にて「佃しま住吉乃祭」として描かれている。
手前の幟には「住吉大明神」の文字。
幕末の頃の当社の例大祭で、海中渡御の様子を描いている。
八角形の神輿「八角神輿」なのが分かり、これが現在も受け継がれている。

この船渡御は昭和三十七年(1962)に廃止されたが、平成二年(1990)に復活。
現在は3年に1度の本祭の時に行われている。

明治以降に月島・晴海などが完成

明治になり神仏分離。
幕末の慶応二年(1866)に神田で発生した火災で類焼した社殿だが、明治三年(1870)に再建。
明治五年(1872)には村社に列し、翌六年(1873)には郷社に昇格している。

明治後期になると周辺地域の埋め立ても完成していく。
明治二十八年(1895)には月島が、明治三十三年(1900)には新佃島が完成。
これら周辺の埋め立て地域も当社の氏子に編入している。
さらには晴海地域の埋め立ても完成し、こちらも当社の氏子となって現在に至っている。
こうした当社の歴史となった佃島と同様に、周辺に埋め立て地域の多くは当社の氏子地域であり、そのため現在でも地域からの崇敬が篤い。

戦後になり昭和二十二年(1947)に、講組織「佃嶋氏子中」が「佃住吉講」に変更。
上述したように東京湾の汚染などの原因で例大祭の船渡御が昭和三十七年(1962)に廃止になったものの、汚染状況の改善などから平成二年(1990)に復活、現在は3年に1度の本祭の時に行われている。

現存する明治期の建造物

当社周辺は戦火を免れた地域のため、色々と現存しているものが多い。
表参道の鳥居にある扁額は珍しい陶製のもの。

明治十五年(1882)に制作され、有栖川宮幟仁親王の筆による文字となっている。

手水舎は明治二年築で、中央区民有形文化財に登録。

手水舎ではあるが社殿のような瓦屋根・彫刻などが見事。

社殿は拝殿と幣殿は明治三年(1870)に再建されたものが現存。

本殿は建て替えられたようで少し新しい。
重厚感を感じさせてくれる渋い社殿となっている。

境内社には「龍神社」。

文政五年(1822)に当社境内に造られた。
天保九年(1838)に佃小橋の元にあった竜王弁財天の祠が龍神社に合祀。
白蛇縁起もあるようで、こちらの御朱印もお受けできる。

他に入船稲荷神社、船魂神社、疱瘡神社 ・疫神社、古河神社、地域にまつわる神社がおかれている。
古河神社は「かっぱ様」と呼ばれているとか。

明治期の旧神輿庫は存在感たっぷり。

レンガ造りになっていて珍しい。

佃住吉神社の例大祭である佃祭の本祭は3年に1度。
その際には船渡御も行われる。
本社神輿は関東では珍しい八角神輿で、天保九年(1838)のものと平成二十三年(2011)新調のものがある。

少し見辛いが、右手のガラス越しから拝観することができる。

御朱印は社務所にて。
スラスラと書いて下さった。

所感

佃島の歴史と共に歩んできた当社。
佃島の名称由来は現在の大阪からというのも面白いエピソードだろう。
佃のみならず月島や晴海といった明治以降に埋め立てられた地域の氏神でもあり、この地域にとって重要な存在なのがよく伝わる。
この日も平日ながら多くの方が参詣に訪れていた。
水路に囲まれ(昔の佃島の海岸線の名残と思われる)、昔の名残が少し残る良社である。

神社画像

[ 鳥居 ]

[ 陶製扁額 ]

[ 手水舎 ]



[ 拝殿 ]




[ 本殿・幣殿・拝殿 ]

[ 龍神社 ]



[ 古河神社・旧神輿庫 ]

[ 神楽殿 ]

[ 二宮尊徳像 ]

[ 鰹塚 ]

[ 石碑 ]


[ 船魂神社・疱瘡神社 ・疫神社 ]

[ 藤棚 ]

[ 入船稲荷神社]

[ 神輿庫 ]

[ 社務所 ]

[ 案内板 ]

[ 境外神輿庫 ]

Google Maps