氷川女體神社(氷川女体神社) / 埼玉県さいたま市

氷川女體神社(ひかわにょたいじんじゃ)

御祭神:奇稲田姫命
相殿神:三穂津姫命・大己貴命
旧社格:武蔵国一之宮・郷社
例大祭:10月8日
所在地:埼玉県さいたま市緑区宮本2-17-1
最寄駅:東浦和駅(かなり距離があるのでバス推奨)
公式サイト:─

御由緒

ご挨拶
当社は、古代より見沼の水に対する人々の熱い想いと共に崇敬されてきました。現存する祇園磐船龍神祭がその事を如実に物語っております。
また人は祈りながら、心の安らかさを求め生きる事が幸せな人生だと想います。
自分がこの世に存在する事を当然と思うのではなく、両親を始め、ご先祖様、鎮守の神様、万物に宿る神々に感謝とご守護をお願いいたしましょう。
多くの文化財を所有し、武蔵野の正倉院と称される当社を、氏子の皆さんとお守りしてまいります。
創建
古代の鈴が社宝としてあるように、その創建は二千有余年前であり、人々の崇敬を集めた。
更に記録では、崇神天皇の御世に勧請したと「武州一ノ宮女体宮由緒書き」にある。
御神宝
古鈴、三鱗文兵庫鎖太刀、牡丹文瓶子
大般若経波羅蜜多経五百九十三巻 など他多数
御社殿
三元社流れ作り。現在の御社殿は、四代将軍徳川家綱の命より寛文七年に竣工。平成十九年三月、市指定より埼玉県指定に認証される。
社叢

県指定「ふるさとの森」
(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2015/12/09
参拝日:2015/09/20

御朱印

初穂料:300円以上
社務所にて。

※書き置きをお受けした時(2015/12/09)は社名部分が墨書されたもの。
※御朱印帳にお受けした時(2015/09/20)の社名部分は墨書きではなく印版によるもの。

※2015/12/09拝受
氷川女體神社
※2015/09/20拝受
氷川女體神社
スポンサーリンク


考察

武蔵一宮氷川神社の対となる存在

埼玉県さいたま市緑区宮本に鎮座する神社。
武蔵一宮氷川神社(大宮氷川神社)」と共に武蔵国の一之宮を称しており、共に「全国一の宮会」に加盟。
明治以降の旧社格は郷社。
正式には旧字体の「氷川女體神社」だが、新字体の「氷川女体神社」を使う場合も多い。
当社周辺は昔から三室と呼ばれており「三室の氷川神社」と呼ばれる事もある。

当社は中々特殊な立場の神社になっている。
対となる「大宮氷川神社」との関係も含めて大変興味深い。

埼玉の正倉院

社伝によると、今から約2,000年前の昔、第10代崇神天皇の時代(紀元前97年-30年)に「出雲大社」より勧請したのが創建とされている。

しかしながら神話の時代で現実味はなく、当地が古代より聖地とされていた可能性はあるものの、実際は奈良時代(710年-794年)の建立とみるのが自然だろう。

中世以来、武門の崇敬を集めている。
鎌倉北条氏、岩槻太田氏、小田原北条氏などにゆかりある書物や宝物が多く寄進され当社が所蔵。
現在は一般公開されていないものの、こういった文化財が現在も所蔵されている事から、所蔵する文化財が多いことで知られ「埼玉の正倉院」とも呼ばれている。

徳川家からの庇護と神仏分離

天正十九年(1591)には徳川家康から社領50石を寄進されている。
寛文七年(1667)には四代将軍・徳川家綱が社殿を造営。
これが現在も現存している。
このように徳川家からも庇護を受けた事が分かる。

明治になり神仏分離。
郷社に列した。

三社一体の氷川神社説・レイライン

氷川信仰の総本社であり武蔵国一之宮として知られる「大宮氷川神社」。
当社こと「氷川女體神社」。
さらに「大宮氷川神社」と当社の中間に位置する「中山神社(旧中氷川神社)」。
この三社で一体の「氷川神社」とする説が存在する。

見沼付近に位置する当社と、「大宮氷川神社」、「中山神社」は直線上に存在。
Google Mapsなどで確認してみても、見事に直線のラインに三社が鎮座している。

レイラインとの関係も伺え、太陽は夏至に西北西の「大宮氷川神社」に沈み、冬至には東南東の当社から昇るという、稲作で重要な暦を正確に把握するための意図的な配置とも言われる。

また御祭神からも三社一体の姿が伺える。

氷川女體神社の「女體」は、御祭神である稲田姫命(いなだひめのみこと)に由来。
稲田姫命は須佐之男命(すさのおのみこと)が八岐之大蛇退治の際に助けて妃にした姫とされている。

「中山神社」の御祭神は、大己貴命 (おおなむちのみこと)。
大己貴命は大国主の別名で、須佐之男命と稲田姫命の間に生まれた息子である。

そして「大宮氷川神社」の御祭神は、氷川信仰なので須佐之男命になる。
正確には「大宮氷川神社」は一社で須佐之男命・奇稲田姫命・大己貴命の三柱をお祀りしているが、元は須佐之男命のみをお祀りしていたと見る事もできる。

御祭神で見ると三社の関係はこうなる。

武蔵一宮氷川神社(大宮氷川神社)男体社(須佐之男命)
氷川女體神社女体社(稲田姫命)
中山神社(中氷川神社)氷王子社(大己貴命)
以上の事から、三社一体の「氷川神社」が形成されていたという説が存在。
古代はもっと広大だった見沼を神池として三社が配置され、広大な神域を有する「氷川神社」と云われている。実際にこの周囲には「氷川神社」が数多くあり、「大宮氷川神社」の祭祀圏である事、御祭神やレイラインとの関係からも、中々興味深く有力な説に思える。「大宮氷川神社」が武蔵国一之宮であるとされている事から、三社一体であった当社もそれに含まれると解釈される事もあり、当社も武蔵一之宮を称している。

こうした理由もあり「大宮氷川神社」と共に「全国一の宮会」に加盟している。

このように扁額にも武蔵国一宮の文字を見る事ができる。

四代将軍・家綱造営の社殿が現存

現在の社殿は、寛文七年(1667)に四代将軍・徳川家綱の命で作らせたものが現存。
ここからも徳川将軍家に庇護された事が分かる。
本殿は三間社流れ造りで全面に朱の漆が塗られている。


拝殿も朱色の屋根のため、全体的に紅色に輝く社殿になっている。


何となく色合いから女体社らしさが出ているように感じる。
当社の手前には見沼氷川公園があり、公園と当社の間には朱色の氷川女體橋が架かっている。


公園側には「磐船祭祭祀遺跡」が存在。


元々当社では、見沼で御船祭という重要な祭祀が行われていたそうなのだが、享保十二年(1727)に見沼が干拓され、必然的に見沼での御船祭が行えなくなってしまった。
そこで、見沼の一部であった池の中に丸い島を築いた祭祀場を設け、御船祭の代わりとなる磐船祭を行う事に。
この磐船祭も明治初年には行われなくなってしまったものの、当時の跡が遺跡として残っている。

御朱印は社務所にて。
また社務所の左手にある御神木には、樹の幹が不思議な形状の木瘤があり、犬の顔だの熊の顔だの云われ、たまにメディアに取り上げられる事もある。

所感

かなり興味深い御由緒をもつ当社。
当社の扁額には「武蔵国一宮」の文字が掲げられており、「武蔵一宮氷川神社(大宮氷川神社)」との関係は興味が尽きない。
規模だけで見るのなら、村の氏神神社とそう変わらない雰囲気もあるのだが、この日はシルバーウィークの期間中という事もあり、一之宮巡りをされているであろう方々の参拝を数多く見る事ができた。
公共機関を使うと最寄り駅からは遠く辺鄙な場所にあるものの、その分手前にある見沼氷川公園や、当社の鬱蒼と茂った社叢は、神域としての存在感を体感させてくれる事だろう。

神社画像

※2015/09/20参拝時の画像
[ 氷川女體橋 ]

[ 石段・鳥居 ]

[ 鳥居・扁額 ]
[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]

[ 本殿 ]
[ 参集殿 ]

[ 竜神社 ]

[ 休憩所 ]

[ 石碑 ]

[ 境内社 ]

[ 御神木・社務所 ]
[ 氷川女體神社の道標 ]

[ 案内板 ]



[ 氷川女體橋 ]

[ 氷川女體神社磐船祭祭祀遺跡 ]

※2015/12/09参拝時の画像

[ 石段・鳥居 ]

[ 拝殿 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google