越谷香取神社(大沢香取神社) / 埼玉県越谷市

【神社情報】

越谷香取神社(こしがやかとりじんじゃ)
大沢香取神社(おおさわかとりじんじゃ)

御祭神:経津主大神
相殿神:菅原道真公・木花開耶姫命・誉田別尊・火産巣日神・崇徳天皇・大山衹命・市杵島姫命・八心思兼命・河菜姫命・大雷神・高龗神・伊弉諾尊・伊弉册尊

旧社格:村社

例大祭:10月9日


所在地:埼玉県越谷市大沢3-13-38
最寄駅:北越谷駅
公式サイト:http://katorijinja.com/

【御由緒】

 香取神社は、約六百年前室町時代後期の応永年間(1394-1427)に下総国一の宮(千葉県佐原市)香取神宮の御祭神・経津主大神を御分霊し、香取大明神として大沢村鷺後に一村の鎮守として勧請連立された。奥州街埴(後の日光街道)の整備により武州大沢宿ができたのに伴い、寛永のころ(1624-1644)鷺後から現在の大沢の地に移した。現在の本殿は明治元年に再建されたものであり本殿周囲の彫刻は見事である。また本殿の屋根は昭和六十年に修復された。
 主祭神・経津主大神は天照大御神の神勅を奉じて出雲の国譲りの大業を成し遂げられ、また東国開拓を完遂し、平和国家の建設と民生の安定福祉に貢献された神で、以来国家鎮護の神、武勇の神、産業開発の神として崇められている。時代の推移とともに五穀豊穣及び日常生活に関する一切のことをお護りになる神として招福除災の御神徳が信仰されている。

(※境内の掲示より)
【参拝情報】

参拝日:2015/08/19




【御朱印】

初穂料:300円

社務所にて。

飼育しているケヅメリクガメの亀吉も印にされていて何だか嬉しい。

越谷香取神社

【御朱印帳】


初穂料:1,000円

社務所にて。

さくら、うめ、あじさい、つばき、宝尽くしの5種を用意。
おそらくオリジナルではなく汎用のものと思われる。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

【考察】


 大沢宿の鎮守 

越谷市大沢に鎮座する神社。

旧社格は村社で、大沢の鎮守。
正式名称は「香取神社」だが、他との区別のため「越谷香取神社」や「大沢香取神社」と呼ばれる。
越谷市が運営するサイトには「大沢香取神社」とされ、神社の公式サイトには「越谷香取神社」としてあったりと、どちらも使われる事が多いようだ。

創建は、「明細帳」に応永年間(1394-1428)と記載されている。
下総国一之宮「香取神宮」を勧請して、現在よりやや北東の大沢村鷺後に創建。
中世では、この辺りが下総国に属していたことから、同国の一之宮である「香取神宮」を村の鎮守として勧請したようだ。

その後、奥州街埴(日光街道)の整備により寛永年間(1624-1644)に武州大沢宿という宿場町が成立。
それに伴い、鷺後から現在の大沢の地に遷座、以後は大沢の鎮守となっている。
なお、鷺後の地には今も「元香取」と呼ばれる祠が存在している。
当時の別当寺は同じく大沢にある「光明院」。

明治に入り神仏分離。
明治六年(1873)に村社に列している。

 本殿の彫刻は町の歴史 

現在の本殿は明治元年(1868)に再建されたものが現存。
壁には彫刻が施されており、こちらは慶応二年(1866)に作られたものになる。

彫刻には大黒天、龍などの浮き彫りの他に、紺屋(染物屋)の労働作業の様子が彫られているため、当時の大沢周辺ではそういった紺屋産業が盛んだったのだろう。
本殿は市指定文化財。

規模にしては比較的長い参道には三の鳥居まで存在。
興味深いのは二の鳥居の扁額には「天満宮」の文字が書かれていた事。

当社には多くの相殿神がおり、その中に菅原道真公がいる事から、おそらく明治の頃の神社合祀政策の影響を受けて、この周辺の小さな神社などが当社に合祀され、天満宮の鳥居もこちらに移したものと思われる。

一の鳥居の先の狛犬は中々古いもの。
宝暦元年(1751)奉納との事。

社殿の裏手には縁結びの御神徳があるという銀杏の御神木。

周りに絵馬掛があり、縁結び系の絵馬が多く掲げられていた。

 当社のマスコットの亀吉 

少し面白いのが、神社の境内に大きな亀を飼育している事。
2003年頃に迷子になっているのを見つけてから保護して神社で飼い始めたそうだ。
保護した当時はそう大きくはなかったそうなのだが、現在ではかなりの大きさになっている。

アフリカ産のケヅメリクガメのオスで15歳前後、名前は亀吉という。
今では神社のマスコット的な存在になっており、御朱印にも亀の印があって縁起もよさそうで嬉しい。
人懐っこい亀で人が近付くとノソノソと姿を見せに来てくれる。
餌をあげる場合は社務所に要連絡。

御朱印は社務所にて。
亀吉の印も押されているのが何だか嬉しい。
御朱印帳も用意されていたが、オリジナルではなく汎用のものと思われる。

 所感 

大沢鎮守としてこの地域の方々に親しまれている神社。
この日も途切れる事なく参拝者が訪れていたし、小さな子連れの親子が参拝され、亀吉を見ては喜んでいた。
毎月第二土曜日には骨董市を開催していたりと、氏子、地域の方の憩いの場になっているのが分かる。
氏子衆に崇敬され、地域との大変良好な関係性を伺えるよい神社だと思う。

【Google Maps】

神社画像

[ 一の鳥居・社号碑 ]

[ 狛犬 ]

[ 参道 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 三の鳥居 ]

[ 灯籠を支える狛犬 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]

[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]

[ 八坂神社 ]

[ 稲荷神社 ]

[ 御神木 ]

[ 安産石・力石 ]

[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 亀吉の家 ]

[ 亀吉(ケヅメリクガメ) ]

[ 境内案内図 ]

[ 御由緒案内板 ]

【Google Maps】